オープンとクローズの質問を巧みに操る

人との会話をするときには、疑問形式で投げかけることによって、
相手が答えやすい環境を作ることができます。

しかし、質問のスタンスをしっかり把握しておかなければ、
相手が答えにくい状況を作り、会話が盛り下がってしまいます。

モテる男は会話を弾ませるのが上手です。
どんどん新たな話題に展開していくことができるので、
一緒に居ても退屈しないというイメージが植え付けられるのです。

ua

会話の盛り上がりにはテンポが重要です。
相手が進展しにくい内容であれば、会話の質を変えることによって、
返答しやすい状況を作り出すことができるようになります。

まずは、会話のテクニックとして利用することができる、
オープン・クエスチョンと、クローズド・クエスチョンについてを学びましょう。

オープン・クエスチョン

扉をイメージするとわかりやすくなりますが、
オープン・クエスチョンは開かれた質問になります。

つまり、返答のスタンスが限られていないということになります。
「今日の晩御飯何食べたい?」
「明日の休みは何するの?」
のように、回答は無限大のものは、答える側の力量が問われます。

しかし、相手を主体的に話させたいのであれば、
積極的にオープン・クエスチョンで話しを振る方が、
自分が聞き役になって溶け込むまでの時間を縮めることができるでしょう。

クローズド・クエスチョン

オープン・クエスチョンと対極に位置するクローズド・クエスチョン。
その特徴は、YesかNoで答えることができる内容というのが特徴です。

つまり、2択で回答することができるという内容なのです。

例をあげてみると、
「昨日の仕事忙しかった?」
「今日の料理は美味しかった?」
「この服にあうかな?」
のように、回答のスタンスは限定されています。

これが、クローズド・クエスチョンなのです。
相手とのやり取りをテンポよくしたいのであれば、回数を重ねることが重要です。
やり取りの多さを稼ぐには、クローズド・クエスチョンが必要なのです。

こうした会話のルールを知っているだけでも、
巧みに相手の心理に寄り添いつつ、親密度をアップさせることができるのです。

類似性の法則を上手に利用する方法

人の心をつかむ手段として、自分との共通項を利用した類似性の法則を使うことがあります。
類似性の法則は、初対面の相手など、なかなか会話ができないという男性にも使えます。

要は、自分と相手の共通点を探すことによって、
類似性の法則を用いた距離の縮めが実現できるのです。

さて、共通項を見つけるための会話術についても触れましょう。
話題がなければ、どうしても話しを展開させることはできません。
まずは、さりげなく話し込むことができる内容を学びましょう。

-001

気軽に会話ができる話題をピックアップ

類似性の法則を利用して距離を縮めるにしても、
必ず話題が必要となります。
いくら人の心をつかむことができる心理を知っていても、
運用に至るようなコーディネートをしなければなりません。

日常会話を例に取ると、
「出身地はどこ?」
「血液型は?」
「兄弟は何人居るの?」
「休みの日って何してる?」
「得意料理はある?」
「外食は良くする?お気に入りのお店はある?」
「どんな仕事をしているの?」

など、他愛のない内容を切り口にするだけでよいのです。
こうした質問から、自分との共通項を見つけることによって、
「それ、私と同じだね」という合いの手を入れることが重要なのです。

自分と同じような部分があると、不思議と親近感が沸いてきます。
それが、類似性の法則を用いた距離の縮め方になるのです。

相手と同じリアクションをするというのも類似性の法則を用いた応用です。
自分と同じような部分があるというだけでも、心の距離は自然と短くなるのです。

これは、心理学者が提唱した法則であり、
恋愛のみならず、人の心理的変化に関する研究結果が生きているのです。
心理学という視点からも結果が出ていることだからこそ、
恋愛に応用できるようになるのが望まれます。

こうしたルールを知っておくだけでも、人との距離を縮めることができ、
結果的に自分への興味を大きく膨らませるのです。

それが、類似性の法則を上手に活用したやり取りなのです。

違う角度で相手を見ることが大切

いくら綺麗な女性に出会ったとしても、他の人が声かけするようなありきたりな表現は、
相手を喜ばせることができません。
あまり言われたことがない言葉であっても、相手が気に入る言葉を聞かせることが、
モテる男へのステップとなるのです。

ありきたりな表現では、相手の心を動かすことができません。
では、どのようにして表現を考えるべきなのでしょうか。

その答えは相手とのコミュニケーションを洞察する力が重要なポイント。
特に、他人とやり取りをしている場面を観察することによって、
対象の相手によく使われている表現が分析できます。

このように、モテる男は分析に長けているとみなすのが適切かもしれません。

いつもとは違う角度で相手にアプローチをかけるということは、
同じようなニュアンスの言葉であっても、相手の記憶に残すことができるようになります。
この少しの違いがモテる・モテないを分けるのです。

少しでも自分の印象を刻みたいと思っているのであれば、
月並みな表現ではなく、相手にとって印象付ける言葉を選びましょう。
だからといって、あまり現代では使わない表現を用いるのは厳禁です。

Cou

褒める方法のバリエーションをつける

自分が相手を褒める場合には、どのような表現を使っているのでしょう。
「綺麗だね」「可愛いね」などの表現で相手を褒めても、相手の心は動きません。

では、相手の心を動かす言葉かけとは?
それは、相手の一面を切り取った褒めの実践に繋がります。

相手の良いところは積極的に褒める。
この法則はモテるためにはテッパンです。
但し、褒め方が上手くなければバカにしているようにしか思えず、
効果は逆転してしまう可能性があります。

まずは人を褒める鍛錬を積んでみましょう。
言葉のバリエーションが広がるようになれば、
同じ部分を褒めるにしても、相手が「グラッ」とくる一言が出せるでしょう。

相手の行動をすぐに褒めるのもモテるテクニックです。
良いことは積極的にフィードバックすることによって、
相手も注意して自分の行動を見てくれるようになります。
それが、恋愛の出発点になる可能性があるのです。