「ゲレンデマジック」をマジックで終わらせない為に


冬は雪国の人にとっては大変過酷な時期です。
豪雪地として知られる新潟県は、
多い所では屋根の上に4メートル以上も雪が積もり、
白銀の世界と化してしまうのです。

その一面からは神秘的という言葉よりも、
半年の間雪に埋まってしまう人々の「忍耐力」を感じさせられます。

そんな脅威の雪ではありますが、
中にはウィンタースポーツを楽しむ人々の姿もあり、
その神秘的な大自然の中だからこそ、
プレイヤーの魅力を引き出してくれるのだと思います。

スノーボードやスキーをしている男性を「カッコイイ」と思う女性は多いです。

よく「ゲレンデマジック」という言葉を聞きますね。

雪の反射により、いつもより顔が綺麗に見えたり、
ウェア効果で、痩せて見えたり、帽子などで顔が隠れる為に、
いつもより魅力的に見えたり「ゲレンデマジック」で交際を始める男女は沢山いるようですよ。

 

snowboarding-531

 

「ゲレコン」という結活まで流行っているというから驚き!

男性がカッコ良く見える、
そんな夢の様なスポーツなら始めてみる価値があるかも?

中でもスノーボードをし、ジャンプなどの技を決める男性の姿は、
女性達の視線を集めている様です。

女性達にとって、ゲレンデ男子の一体何が魅力なのでしょう?

まず、いつもと違う場所に来ているという事態が、
人間をワクワク、ウキウキさせる興奮状態へ導きます。

それが、雪山となると、雪から連想させられる
ロマンティックな背景、自然の神秘さ、
そしてサバイバル感が感情に湧き上がります。

また、いつもとは異なる服を着た人を見ると、
コスプレを見るような感覚に近く、
そしていつもとは違う外見のギャップさから
なんだか普段より、友人がカッコ良く見えたりします。

不思議なことに、ウェアー自体に魔法の力があるかのように、
男性をカッコ良く見せ、
また、女性を可愛らしく見せます。

ですが、女性は男性のスキー場でのマナーもしっかり見ていますよ。

いくら上手に滑れても、マナーが悪い男性はカッコ良くも何ともありません。

これも、車の運転と同じように、
スポーツは男性の本質が一番に現れるものです。

元々、競争心の激しくアグレッシブな男性だけに、
スポーツや、運転の時程、
周りを忘れて、自分本位に凶変してしまうのです。

ここで、女性がカッコイイと感じるゲレンデの男性を紹介しますね。

・ リフトを降りる時、手を貸してくれる

・ 滑り出す時、ジャンプする時、後ろを確認する

・ わざと見せびらかそうとしない

・ 転んでしまった女性などを手助けする

やはり、女性は男性の「技術」よりも、
「優しさ」を一番に見ているようですよ。

いくら上手に滑れなくても、
こんな所でも女性を気配る「優しさ」があれば、

魔法が溶けてからも、
マジックで終わらせない現実の交際へと繋げる事ができるでしょう。