あえて魅力を隠すという技


デートの時、男性は
「どうしたら自分の良い所を見せられるか」
という事に必死かもしれませんね。
特に男性にとって、
話題の提供は一番のプレッシャーかもしれませんね。
そういう男性ほどデートの時は、
自分の自慢話ばかり話してしまいがちです。
ご自身で「これは自慢ではないだろう。」と思うような話も、
女性にしてみれば、結構自慢に聞こえているものです。

自慢ばかりする男性に、女性は魅力の欠片も感じません。
口では「すごいね~」なんて言っているかもしれませんが、
本心では「くだらない男だ。」としか思っていません。
後で、女性間でネタにされるだけです。

自分の見せ方ってとっても大切だと思います。
「見せ方」より「魅せ方」という方が近いかもしれません。

無題fff

女性というのは、想像するのが大好きです。
ドラマティックな人生に生き甲斐と喜びを感じるのです。
毎日の平凡な毎日に退屈してくると、
身の回りにある「ドラマ」を探ります。
例えば、誰かの噂話であったり、
ちょっと危険な関係に手を出してみたり。
現実生活だけでなく、
テレビドラマを見て刺激を得たり、展開を想像したり、
心の中をスリルとエクサイトメントで一杯にするのが好きなのです。

ですので、男性の話も同じです。
話の中に女性の想像を掻き立てる「隠された部分」があればいいのです。

「この人って、もしかして会社でもトップの方なのかしら?」

「もしかして、お金持ちだったりして?」

「海外の事良く知っているみたいだし、
良く旅行に行けるだけの余裕があるのかしら?」

などなど、ご自身が自慢話をしなくても、
女性は、心の中で想像し、
あなたが隠した魅力的な部分を、
しっかりと読み取って解釈していますので大丈夫です。

家に帰ってからも、女性は「あなた」という人物について
深く考察するでしょう。
そして、友人にあなたの話をして、その友人の想像力をも高め、
エクサイトメントを共有するのです。
このように、
女性の想像をうんと掻き立てる事のできる男性は、
女心をしっかり掴んでいたのです。
何でも素直にペラペラ話してしまうのでは、
つまらない男」になってしまいます。
隠す」事も案外必要なんですよ。