お調子者が嫌われる理由


自分の周りに一人は必ず存在する「お調子者」

彼らは、とても社交的
コミュニケーション能力には長けているものの、
どこか調子がよく女性の気に障る事が度々あります。

前向きかつ、良いチャンスがあれば、勝手に便乗していたり、
ある意味で世渡り上手なのかもしれませんが、
ここぞという時に、信用性に欠ける部分もあります。

調子がいい人は、何でもすぐに約束をしてしまったり、
出来もしない事を、大げさに言ったり、
人をベタ褒めしつつ、
自分に利益のある方向へ話を持って行ったりします。
男女関係においても、調子のいい嘘を並べたり、
誰にでも調子よく機嫌を取ったりするので、
度々女性の心を傷つける事が多いタイプなのです。

そんなお調子者の人ほど、真剣な話には弱く、
結局自分に都合のいい様に、物事を丸めようとしますが、
女性は、そんな男性が大嫌いです。

お

私も、過去にお付き合いしてきた男性の中に、
お調子者の男性は沢山いました。

遅くまで遊んでいる彼を見て、

私「昨日、今日は早番だから、
夜は映画に行こうって言ったよね?」

彼「そうだっけ?でも、明日また時間作れるからさ!
明日は、映画の前に食事も行こう!」

など、調子の良い男性は、
自分が言ったことをすぐに忘れるのです。
普段から心にもない事を、その場しのぎで並べているせいです。
それでは、やはり信頼に欠けてしまうのです。

ですが、調子の良い男性ほど、
女性にモテるのも事実なんです。

口が達者で、女性の喜ぶ事を熟知している彼らにとっては、
お調子者でいる事で、沢山の女性に好かれるために、
そうすることが癖となっているのです。
ですが、周りの全ての女性に調子がいいために、
結局は、一人の女性と真剣に交際をすることができないのです。
それでは、寂しいと思いませんか?

男を見る目がある「いい女」は、
決してお調子者には、引っかかりません。
彼女たちは、信用のおけない人をパートナーにはしませんし、
いつでも「自分だけ」という特別な存在でいたいのです。
ですので、誰にでもヨイショをする
調子のいい男の付き合いをしている暇はありません。
自分だけをダイヤモンドの様に大切にしてくれる人、
そして、その場しのぎのYESは言わない人が好きなのです。
駄目な事はきちんとNOと言ってくれるような、
そんな頼もしい男性と一緒にいたいのです。

お調子者の男性が周りの空気を和ませたり、
人を笑わせてくれる時もあります。
それは、素晴らしいことだと思うのです。
ですが、ここで決定的にあなたの人間性を左右させてしまうのが、
「ふざけ過ぎない」という事です。
調子のいいことを言ったら、それを実現させる責任を持ちましょう。
そうでないと、
あなたはただの「嘘つき」になってしまいますよ。