お酒のおごり方〜ナンパはしない余裕ある一際輝く男


お酒のおごり方って、難しいと思うんです。

「お酒をおごる」=「ナンパをしている」という意図が見えてしまっては、
女性は嫌がるからです。

映画なんかでよくあるシーン。
バーやクラブで、男性がマスターに、

「あの子にも同じものを一杯」

女性側には、

「あちらの男性からです。」

といって回ってくるお酒。

男性目的で来ている女性であれば、
惚れ惚れするようなチャンスかもしれませんが、
とびきりの女性をものにしたいのであれば、
そんな白々しいテクニックはやめてください。

むしろ、テクニック(技術)でもありません。

まず人間の本質から言って、見知らぬ人にお酒を貰うことで、
警戒の感情を抱いてしまいます。

「知らない人なのになんで?」

「気持ち悪い。」

「早く帰らなきゃ。」

という様に女性を警戒の気分にさせてしまうことがあります。

男性としては、カッコいいつもりでやった行動も、
女性としては大迷惑な結果となってしまうのです。

imagesCAD61VLC

では、どうしたらいいのか?
ナンパしている意図が見えなければいいのです。

例えば、こんな男性がいました。

彼女は、いつものように仕事帰りにバーに立ち寄りました。
その日は、いつも連れ添う友人はいなかったのですが、
いつものようにカウンターにお酒を買いに行くと、
ある男性がいました。

男性が店員に、
「彼女のも一緒に。」と一言。

男性はそのまま、
ナンパする訳でもなく、立ち去りました。
そして彼女がオーダーし、お金を払おうとすると、

「お金は先ほどの男性から頂いてあります。」の一言。

彼女は一瞬の出来事に戸惑ったようですが、
その男性のことが気になってしまい、
辺りを見渡し、とてもドキドキした気分になったそうです。

それがきっかけで、3日後にまた同じバーにいきました。

すると、そこにはあの男性の姿がありました。

女性は思わず、

「この間はありがとう。」

と、彼に伝えました。

それが話のきっかけとなり、
最終的にはデートにまで発展したそうですよ。

私が思うに、これはモテ男の上手な策略でした。

お酒だけおごって、何も言わずに立ち去るという行動は、
「なんで?」という疑問から、女性の妄想を掻き立てます。

ここで、「怖い」と思ってしまった女性は、
バーに戻って来ることがないかもしれませんが、
女性の多くは、
その男性が誰だったのか気になって仕方なくなるでしょう。
そういった女性は、
一週間以内にまたその場所へ戻ってきます。
そうしたら、大チャンスだと思ってください。

「待ってました!」という態度ではなく、
偶然を装うのが勿論大切ですよ。
ですが、そんな時でも目だけ合わせて、
向こうから話してくるまでは、ナンパのような真似はしないでください。

これは、ただの一例ではありますが、
誰にとってもお金を出してもらうことは本当に嬉しいものです。
ですが、お金ではなく、頼んでもいないお酒をもらっても、
好みの問題もありますし、ちっとも嬉しくありません。
逆に気持ち悪いのです。

お酒を飲む場所だからこそ、
ナンパのような真似は控えたほうが無難でしょう。

安い男に見られてしまいますよ。

お酒を飲む場では、男性としての品格が十分に問われます。

それは、お酒の飲み方、頼み方、支払い方、全てにおいてですが、
ここで、それらをスマートにこなしている品格のある男性をみると、
女性はドキッとしてしまいます。

お酒をおごるとか、
そんなことよりも重要なのが、実はこの品格。

場所が場所だけに問われてくるものなのです。

あえて、女性には興味のない素振りを見せることが、
実はとてもセクシーで、
バーで一際輝く存在になれるのです。