お金のだらしなさはモテない第一条件


お金にだらしないという状況は、モテない要素の第一条件となります。
使い方に配慮するだけでもモテるポイントになるお金の事情。
30代の男性にとっても魅力を打ち出すか否かは、
個人の考え一つで左右されるということになるのです。

お金の使い方でだらしない男性は、貯蓄などの蓄えにも影響します。
それを防ぐためには計画的な利用が大切です。
いつも浪費ばかりしてしまうのは、女性からすると一緒になりたいとは思いません。
将来のイメージを想像しながら恋愛対象を選択しようとする女性は、
浪費が多い男性を恋愛対象から外す傾向があります。

images11

男性からしてみても、金遣いの荒い女性は願い下げと思っているはずです。
女性が男性を選択する場合にも同じことが言えるのです。

お金を計画的に使うテクニックを持っておけば、
必要な場面のみに注力させることも可能になるのです。
女性が嬉しいサプライズをするにも、お金が必要なのは事実です。
惜しみなく利用することができる余裕が持てるようになれば、
臆することなくモテる条件を存分にアピールできるのです。

モテる・モテないのポイントは人によっても異なりますが、
隠しきれないのが経済的な余裕です。
クレジットカードを持っていたとしても、羽振りの善し悪しはすぐに分かります。
質素な生活を送るというのが悪いわけではありませんが、
お金に対するだらしなさが原因となっている場合には魅力が失われます。

将来の生活を夢見て付き合うことができる男性こそ、
生活に対する余裕を含めて自立した大人としての魅力が見られるのです。

わざわざ自分でモテない方向に向かうよりは、少しでもリスクは減らしたいもの。
真っ先に浪費癖を自粛することによって、相手に与える印象も異なります。
効率良く使うことも大切ですが、基本的には理性を失わない使い方こそ、
お金にだらしないとみなされない自分との出会いに繋がるのではないでしょうか。

つまり、限られた資源をどのように使うかによって、人としての魅力が形成されるのです。