ここぞという時の「引き技」で女性を虜にする


男女の関係では、
時に「引き技」を見せることで、
相手を、より刺激することができます。

押して押しての猛烈アピールもいいのですが、
そんなアピールの仕方は、
女性のいいような男になってしまうだけで、
「女性を自分に惚れさせる」=モテる男になることからは、
少し遠ざかってしまうのです。

多くの人が、恋愛のメゾットを学ぶ時、
女性に「どうやって自分をアピールしたらいいか」
という事に、焦点を置きがちですが、
アピールするだけでは一方通行です。
ここで、引き技というのも学ばなければ、
女性に惚れさせることは出来ないのです。

良くあるのが、彼女に尽くしすぎた結果、
ウザがられて、振られてしまうエピソードです。
私の友人男性も、その一人です。
彼は、とてもルックスが良く、
性格も申し分のない人でした。
とても優しい性格の人なので、
彼女のために出来る事は、全て行い、
与えられるものは、全て与えました。

他の女性から見れば、
The perfect と呼ぶに相応しいような男性でしたが、
彼女はある日、その男性に別れを告げたのです。
男性が、理由は何かと尋ねると、

「私を愛しすぎなのよ。」

と、言ったのでした。
彼には、全く意味が分からなかったようです。
男性からすれば、
「愛しすぎて何がわるいんだ?!」
という印象でしょうが、
女性には彼の愛が重すぎたのでしょう。
皮肉にも、ただ単に女性を愛していただけであっても、
「引き技」を知らないがために、
破局という結果を生んでしまったのです。

「引き技」は、女性をあなたの方へと夢中にさせる技です。
ワザと、連絡を疎かにしたり、
暇な時でも忙しく見せる事で、デートの約束を変更したり、
なかなか女性の思う様にならない男性を演じることが
重要になってくるのです。

無題,,

「会いたいのに会えない」

「声が聞きたいのに、聞けない。」

女性は、そんなドラマティックな恋に弱いのです。
不安になったり、泣いたり、怒ってこそ、
恋愛だと思っているのです。

常に相手から与えられる愛には、
すぐに退屈してしまうのが女性です。
少しアドベンチャーがないと、面白くないのです。

あえて、メールの返信を遅らせるなど、
小さなことで構いませんので、
時には試してみるといいですよ。
刺激を与えつつが、長続きの秘訣です。