ここぞの時の資金力はモテる男に成りあがる


いつもごちそうをするというわけではないにしても、
誘ったからには女性にお金を支払わせるのは厳禁。
あくまでモテる男になるための手段ではありますが、
自分が誘ったのであれば、責任を持ってエスコートすべきです。

「また行きたい」と思えるコーディネートをするためには、
新たなチャンスを作ることができるようにすべき。

お金の支払いに対して女性が恐縮しないように配慮しつつも、
誘った会にはお金を払わせないという意欲を持つべきです。

ここぞの時にお金をいとわずに使えるのは、モテるステイタスとしては十分。
女性から見ても、頼りがいを感じることができるはずです。

a19

30代の男性にとって、お金のやりくりが管理できて、
大切な時に使うことができるというのは非常に重要です。
普段から浪費しているというイメージはマイナスですが、
タイミングを合わせて使うことができる判断力は、モテるためにはプラスとなります。

資金力があるということは、結婚した時にもプラスのイメージが持てます。
収入のみで結婚したいという意識には至りませんが、
少なからず一緒に生活して苦労しないような収入は欲しいものです。

だからこそ、出会いのきっかけで男性のお金に対する考えがどのようになっているかは、
女性側も気にするものであると考えるべきなのです。

30代の魅力は資金の有無で雲泥の差となります。
生活上苦労しないほどの資金があった方が、恋愛から結婚のイメージも円滑です。

本人の資本主義に対して触れることは、恋愛へ発展させる足がかりとなります。
女性からお金の話題を振ることは少ないので、
男性側の配慮としては、自然に普段の価値観や、休日の過ごし方から、
お金の使い方についてを公開していくというのが、
付き合いたいというイメージを抱かせるには必要となります。

30代の男性がモテるためには、それなりの資金力があり、
必要に応じて使うことができるだけの判断力があると、
安心してパートナーのイメージを考えることができるのです。