その一言が余計になってしまう


男女の関係は、ちょっとした歪みが生じた場合に、別れへと急展開を迎えることがあります。
そうならないためにも、お互いに気遣いを忘れないということが、
良い付き合いを長くするための秘訣でもあります。

今回はモテる男の条件というよりは、
余計な一言で一気に印象を悪くしてしまうものを取り上げます。
つまり、モテない一言といっても過言ではありません。

Angry-Customers-7.3.12

なかなか付き合いに発展しない男性にとっては、
普段の立ち振る舞いを考え直すことによって、モテない原因を解消することにも繋がります。

モテない言動の代表格

モテない言動は、相手に不快感を与えるものだと考えるべきです。
つまり、人に言われて嫌な感じを受けるような表現を使わないのが大切です。

「あれ?最近太った?」なんて女性に切り出すのは、
冗談がうまいお笑い芸人でも相手に引かれてしまう可能性があります。
その場に居ない異性を褒めるというのも気をつけるべきです。
嫉妬心を抱かせながら、自分に引き込むというのも一つの方法ですが、
あまりにもリスクが伴う行動のため、恋愛に慣れているモテる男でなければ、
墓穴を掘ってしまうことになりかねません。

相手の会話をしっかり聞いていない一言も厳禁です。
「いいんじゃない。」などというそっけない態度は、モテない男の代表格となるはずです。
相手の会話を聞いて、真摯に返すことが、聞き上手の条件にも繋がります。

「面倒」、「疲れた」などのネガティブな表現も、
相手に自分の気持ちを転化させてしまう可能性があるので注意が必要です。
いつもポジティブで居なければならないわけではありませんが、
相手に対する配慮にかけるような気分の起伏は控えるべきです。

モテるためには気遣いが大切

どんなに自分が忙しい場合でも、ゆとりを持って接することができると、
大人の男性としての魅力が発揮されるようになります。

モテるためには余裕を持って相手を気遣うことが、
支えという大きなポイントを印象付けることに繋がるのです。
余計な一言を投じるリスクを常に考えることによって、
軽はずみな発言からチャンスを失うことを防ぐべきなのです。