どんな距離でも埋めることができる一本の電話


携帯が発展し、何でもリアルタイムなやり取りができる時代。
SNSやメール、アプリを利用することによって、世界中の人と繋がることができます。
ただ、今も昔も変わらない心を動かすアプローチは、
一本の電話にあるのではないかと思います。

誰かの声を聞くことによって、相手の感情を自分も感じ、
同じ時を過ごすことができる安心感が得られます。

メールなどでは相手の息づかいまでは聞こえてきません。
相手のことばに込めた思いまでを読み取ることはできません。

もちろん、会って話すことができるのであれば、
もっとたくさんの情報を感じながらお互いの距離を縮めることができます。
それができない環境にあるのであれば、
是非とも一本の電話に、自分の思いを乗せてみてはいかがでしょうか。

離れているからこそのアプローチを知る

男性2人組のシンガー、C&K。
その中でもヒットを記録した「アイアイのうた~僕とキミと僕等の日々~」の中にもあるように、
会えない時間をどのように過ごしていたとしても、
一本の電話で空白の時間を埋めることができるやり取りができるのです。

C&K「アイアイのうた~僕とキミと僕等の日々~」

近くの存在をついつい大切にしてしまいがちですが、
遠くの相手であっても、あなたの心の動きをしっかり伝えることができるのであれば、
相手の心を動かすことができるのではないでしょうか。

会えない時間や距離は、自分たちに与えられた試練かもしれない。
会えない苦しさや寂しさがあるからこそ、相手を思いやる気持ちが強まります。

何でもないようなことで不安になることもあるでしょう。
それは、相手を思っているからこその感情なのです。
それが安心に変わるような出来事があれば、
きっとあなたのことを大切に思う出会いが、距離に関係なく芽生えるのではないでしょうか。

call4

30代のモテる男は、相手との距離に隔たりを感じるのではなく、
それでも誠意を見せて相手を振り向かせることができるのです。
是非とも、一本の電話から心を通わせることを、恋愛のテクニックとして備えましょう。