やってはいけないモテない言動


男女の仲を一瞬で崩壊させてしまうようなモテない言動は、
少しの配慮で避けることができるようになります。
誰しもことばには配慮を行いつつ、ふとした瞬間に失敗をしてしまい、
大切な出会いを台無しにしてしまったという方も少なくありません。

angry-couple

思いをことばにそのまま繋げてしまうと、ついつい相手に失礼を課してしまうことがあります。
その言動例を知っておくだけでも、容易にモテない男への失墜を防ぐことになります。

モテない言動例

モテない言動例は多々ありますが、その中でも特にやってはいけないものをご紹介。

「今度は食事してホテルだな」
→あからさまに魂胆が見え見えです。女性も自分の価値が低いと憤慨するはず。
特に体目当てのように見られるのが嫌な女性は、あっという間に離れていきます。

「しょうがない」「仕方ない」
→意外に使うことばかもしれませんが、話の内容に対して誠意ある回答ではありません。
特に同意を求められているような内容にこの返答は超NG!

「飽きる」「楽しくない」
→会話の中にマイナスな言動が入り込むことによって、場の雰囲気を悪くします。
せっかく楽しく会話をしている時に、それを遮断してしまうことばであることを知るべき。

「~してやった」
→さも自分が偉いような言動は、相手との関係性を形成するのにも障壁となります。
自意識過剰な印象を与えてしまうので、立場を考えた発言としては好ましくありません。

立場を考えた言動のセレクトが重要

出会いの場において、相手をがっかりさせないことは、後のお付き合いにも発展します。
一緒にいたいと思えるような人間性を持っていなければ、いつまでもモテない男のまま。

相手を尊重するようなことばをセレクトすることができるようになれば、
それだけでもがっかりしない言動での会話が成立するようになります。

モテない男のポイントでもある、上から目線での印象に繋がってしまう言葉使い。
特に自分は凄いと自意識過剰な傾向があると、それだけで女性は離れていきます。