やはり不動の人気、ギャップ男


モテる男性がテーマだと、これは外せないだろう!と思うのがやはり、ギャップのある男。

でもこの手の話しは、余りにモテの王道だし、様々なところで既出だし、
わざわざまた取り上げるのもなぁ、と思っていると…

先日女性のみで話していた際、こんなことをある女性が突然言い出しました。

「やっぱり男はギャップのある人がいい!」

やはりそこか、と興味深く思っていると、
また別の機会に別の友人と話をしていて彼女、

「気になるその彼、ロッカー(ロック音楽をする人)なのよ!
ロッカーって普通、お酒や女遊びがすごくて、悪ぶってるのに、
でも彼だけは、全然違うの!まじめなの!そこがすごく魅力!

と、目を輝かせて言うのです。
やはり、これまたギャップ男か…。

そう、“真面目そうに見えて、まじめ。”
それでは何の面白みもありませんが、
格好付けて悪ぶっているのに、まじめ。

逆にすごーく真面目そうなのに、
意外と女性を知っている、とか。

そういう意外性はやはり女性を惹きつけて止まないようです。

ギャップ男

そしてこのギャップ、誰でも意外と簡単に作れます。

そのキーはまず、自分を知ること!

あなた自身を内面外見共、客観的に観察して見て下さい。
そしてそれらは周りにどういう印象を与えているでしょうか。

内面と外面のギャップがもうすでにある人。

例えば、

俺、めちゃめちゃ強面なのはわかっているんだけど、花が大好きなんだよな…。
すごくホストっぽいって言われるけれど、実は本命の彼女と5年も付き合ってる。
軟弱そうに見られるけれど、実はカポエラ(マーシャルアート)の腕前は結構なもの。

などなど。

こういう方々は、もうその道/姿勢を極めて下さい。
十分に、モテの素質を備えたギャップ男、です。

でももし、(俺は見たまま、なんだよな…。)というあなた!

そんなあなたは、その“見たまま”の逆のことを何かひとつプラスしてみましょう!

一見無愛想だけど、やっぱり無愛想。と言う人は、笑顔を心掛けてみて下さい。

いつもニコニコするのは難しいでしょうから、楽しい時、嬉しい時は、無理してでも笑顔!
意識して笑うようにしていると、そのうちふとしたときに出る笑顔が、板に付きますよ。

そして、良くも悪くも“普通の人”と言われる、あなた。

意外性のある趣味を極めてみてはどうですか?
今まで興味はあったけれど重い腰が上がらなかったこと、
ひとつやふたつはありませんか。

例えば登山だったり、マーシャルアート、もしくは料理、英会話など。

何か自分が興味のあることを始めて、
“普通の人”から“興味深い人”に移行してみませんか?

このように今の自分を少し演出するだけで、
不動人気の、ギャップ男に近づけますよ!

そのためにはまず自己分析から始めてみてください。