アプローチのブースター効果を期待する


モテるためには自分なりの戦略が必要。
なかなか成果が表れないというのであれば、
アプローチの方法を変えてみるのも大切です。

実は、心理的な面でどのように惹かれるかを学ぶだけでも、
モテる男としての条件を満たすことは簡単。

35

インフルエンザの予防接種などで見られるブースター効果。
子どもが抗体を獲得する効果を高めるために、
大人とは違って少量摂取を2回行いながら、
効果を高めるという方法が日本では取られています。

体内で免疫機能が作られるワクチン。
そこに再度、ワクチンによって抗原に接触させることによって、
さらなる免疫機能を高めるというのがブースター効果です。

日本語名では追加免疫効果とされており、
インフルエンザワクチン以外にも、色々なもので利用されています。

され、モテる男になるためのテクニックとして、
このような効果を期待することができるように、
自分自身をアピールするのがポイントなのです。

自分がウリとなる性格的な特徴を
対象となる女性に何度も体験させることによって、
より強い印象を残すということが、モテる男が実践するテクニック。

悩みを聞いてくれるという好意を抱いている女性に対しては、
さらなる悩みを解決するなど、
プラスに思ってくれている特徴を会話から聞き出しつつ、
もっと強く感じてもらえるように努力することが、
人としての魅力を高める結果に繋がるのです。

なかなかモテないと嘆いているのであれば、
自分がどのような印象を持たれているかを分析しつつ、
ブースター効果のような魅力あふれる惹かれ方を誘発することが、
モテる男への近道になるのです。

自然と自分の魅力を相手に伝えることができるようになれば、
意識しなくても惹かれる要素を強烈にアピールすることが可能です。

まずは意識的に自分のウリとなるポイントをやり取りの中で触れさせるのが、
恋愛への発展率をアップさせるのです。

一度の経験では忘れてしまうことでも、
細かく何度も重ねることによって成就するものがたくさんあります。
どんなに些細なことであっても地道に重ねる信念を持つのが、
モテる男としてのし上がるためには必要なのです。