イケメン美容師が必ずしも人気があるわけではない!?


少し以前にはなりますが、“カリスマ美容師”が流行り出した頃、
美容師、という職業がとても花形で憧れの職業になりましたよね。

そして雑誌やテレビでもイケメンカリスマ美容師は、
引っ張りだこで、いつもテレビで見かけるほどでした。

確かに手に職のある、美容師という仕事。
その人のセンスに掛かってくる、美を司る仕事。

魅力的ではありますが、そのカリスマと呼ばれる人、
人気美容師さんが必ずしもイケメンである必要はないと、
興味深い話を耳にしました。

イケメン美容師

その話を聞かせてくれた人は、
美容院のカウンセラーのようなことをしていたので、
あらゆる美容院の人材育成などにも携わったそうです。

そして、彼曰く、人気美容師になるには…。

人より優れた容姿であること。
人より優れた技術を持っていること。
人より優れたスピードで仕事ができること。
人より優れた接客対応ができること。
人より優れたファッションセンスがあること。
人より優れたユーモアのセンスがあること。

これらの中で2-3を兼ね備えた人は、人気者の美容師になれるそうです。
これらを4つ以上満たす人は、そしてカリスマ的美容師になれる可能性がある、と。

「見た目は大事なんですよ、確かに。見た目のセンスが
いまいちな人に女性の命、髪を任そうと思いますか…。」

確かにそうだな、と思いました。

「でもですね、興味深いのが…」と、その方が話ししてくれたのです。

イケメン美容師に髪を切ってもらいたいかというと、
意外とそうでない、と女性は言うのだそう。

もし指名ができるとして、

クールなイケメンか、面白そうなセンスのある人、なら。

どちらを選ぶかという話になると、
大半の女性が後者を選ぶと言うのです。

理由は…「イケメンだと緊張するから。」

実は、何を隠そう私もそう思っていました。
イケメンにしかも髪の毛を切ってもらうなんて、恐れ多い…。
そんな心境に近いのかもしれません。

つまり、ユーモアのセンスがあり
コミュニケーション力豊かで、
さらにファッションのセンスが良い。

それが兼ね備わっていれば、
イケメンより人気者になれるという!

これは興味深い事実だな、と思いました。
どうですか、俄然やる気が湧いてきませんか。

ユーモアもコミュニケーション力も、ファッションも。
努力次第では磨けるものばかりですからね!