カラオケでモテる歌を知っておくべき


合コンなど、多くの出会いのきっかけをもたらす場面において、
カラオケは親交を深めるものとして親しまれています。
しかし、こうしたチャンスをしっかり活かさなければ、モテる男にはなれません。

man-singing-with-microphone

モテ歌を持っておくことによって、相手にインパクトを与えることができるのです。
普段はなかなか口にできないような感情を表に出すことができる歌。
相手と気持ちがリンクするきっかけを与えてくれることも少なくありません。

色々なモテ歌がある中でも、女性の心を掴むものをここではピックアップします。

場を盛り上げる系のモテ歌

年代の幅広さを柔軟に対応するのが30代のモテる男です。
できれば、年上にも年下にもウケるものを持っていたいものです。
しかも、場を一気に盛り上げるような選曲ができれば、女性へのアピールも叶います。

相手が知らなくてもノリで楽しむことができるというのも大切です。
そんな意図に合うのが「湘南乃風」ではないでしょうか。

「睡蓮花」「純恋歌」などは、代表的なナンバーではないでしょうか。
一発目にインパクトを与えるのであれば「睡蓮花」が最適。
歌詞をじっくり聞かせて思いに浸らせるのであれば、「純恋歌」が使えます。

このように、一つのアーティストから張り下げることによって、
相手にも歌の魅力を伝えることができます。
相手から「この曲歌って」というリクエストに及ぶことも少なくありません。
そうなれば自分のペースに持ち込むことが容易になります。

まずは場を盛り上げる一曲を投じつつ、徐々に自分の魅力を引き立たせるナンバーで、
女性のハートをわしづかみにしてみてはいかがでしょうか。

いきなりバラードは止めるべき

大抵が気分を上げたいという思いに繋がるのがカラオケです。
そこでいきなりしっとりしたバラードを歌い上げたとしても、次に繋げるのが難しくなります。

歌を入れずにトークに移ってしまうようなパターンも少なくありません。

まずは起爆剤として他の人が曲を入れやすいように演出することが、
カラオケでのモテる男を作る秘訣ではないでしょうか。