キャバクラ嬢が使う心理テクニックを応用する


人の心理を巧みに揺さぶりながら、
魅力的に思わせるのがウリとなっているキャバクラ嬢。
しかし、モテる男を作るためには、時として良いアイデアがもらえます。

キャバクラにハマってしまう男性が抱く淡い恋心。
それは、心理学的な要素が働くことによって、自然と惹かれる構図ができているのです。

20

キャバクラ嬢の「好き」は2面性があります。
本当に好きという意図もあれば、
本当に好きなのだろうかという疑念にかられます。

仕事だから大勢の客の一人の扱いだろうと考えることもあれば、
本当に自分のことを特別に思っているのでは?と感じてしますこともあります。

それが、キャバクラ嬢が得意とするダブル・バインドというものです。

恋愛は駆け引きのようなものとはよく言うものです。
ことば一つでどちらにも取れるような揺さぶられ方をされてしまうと、
自然と気になる存在になってしまうのです。

モテる男性はこうした駆け引きがとても上手。
巧みに自分が興味ありのような雰囲気を漂わせつつも、
本心はどうなのかが気になって仕方なくなってしまうのです。

ダブル・バインドを上手に使いこなすことができるようになれば、
人の気持ちをコントロールしやすくなります。
悪い言い方をしてしまうと相手を洗脳することができるのです。

相手を揺さぶり惚れさせることができる口ぶりが使えるようになれば、
キャバクラ嬢並みの人気を獲得することも不可能ではありません。

試しに合コンなどで自分の話術の腕前を試すことによって、
女性との駆け引きの善し悪しが判断できます。
どうしても気になってしまう存在に仕立て上げることができるようになれば、
顔や経済力を度外視してモテる男になることができるのです。

そのためにはダブル・バインドという心理作戦を駆使することで、
魅力溢れる人間像を相手に見せることが重要になります。
自分の見せ方が分かっている男性は、
多くの女性から注目される存在感を放ちます。
同性から見てもモテるというイメージを抱く人は、大抵駆け引きが上手であるはずです。