コブクロから学ぶ恋愛の方向性


日本を代表するシンガーのコブクロは、恋愛に関する歌を多数作っています。
その中でも恋と愛に対する方向性の違いを紐解いているのが「君色」という楽曲です。

ダウンロード

恋についての心情の移り変わりはもちろんのこと、
誰もが歌詞を見て共感できる部分が満載のナンバーです。
「恋は病」とまで歌っている理由も、男女問わずにしっくりくるのではないでしょうか。

さて、こうしたシンガーから恋愛についての学びを解くことによって、
自分なりのエッセンスにすることができます。
魅力的な男性と思われるためには、それなりの価値観がなければなりません。
恋愛に対する価値観が違うだけでも、2人の距離を縮めることができない場合もあります。

コブクロが発表した「君色」という楽曲は、恋に対する柔軟さを学ぶことができます。
相手のために自分がどのような色に変わることができるか。
それこそが、「好き」という気持ちを形に示した行動なのです。

どんなに魅力的な男性であっても、相手を思いやることができなければ恋愛は短命です。
逆に、相手に合わせて寄り添うことに長けている男性は、モテる傾向があります。
ビジュアルよりもスピリチュアルな部分での魅力が注目される30代。
その傾向が強いからこそ、「君色」に染まることができる柔軟さは大切なのです。

恋は向き合うもの。
それが同じ方向に向かっていくのが愛。

恋愛に繋がるためのエッセンスを自分に備えておくことは、
人としての魅力を磨くという結果に繋がります。
いかにして相手と向かい合うことができるかを追い求めることによって、
愛情をもって接するというチャンスをもたらすかが決まるのです。

恋からお互いを思い、寄り添って歩む愛に成長させるためにも、
自分色を強く持つだけでなく、どんな色にも変わることができるようなスタンスが、
大人の魅力を色濃く発揮するきっかけを与えてくれるのです。

news_large_kobukuro_art_201306

まだまだ名曲がたくさん存在するシンガーのコブクロ。
恋心をどのようにつむぐかを学ぶには、絶好の教材といえるのではないでしょうか。