サバイバー男は女性の憧れ


私の究極の理想のタイプは、これでした。

例え無人島に流れ着いたとしても、『大丈夫、何とかするから。』と何とかする男。
周りからは「そんな男なかなかいないよね。」と、言われ続けましたが…。

結局、そんな男性と立て続けに2人お付き合いする事が出来ました。

この2人のうち、ひとりはバイクで世界一周中の男性。
野生のトラが生息するロシアなどの高原でひとり野宿をし、
何もない荒野を延々、バイクでひた走る、頼もしい彼。

もう1人は、鳥はさばける、何もないところから火を起こせる、
潮の流れや風の向きで天気や、様々な情報を受け取れる。
最後には、本当に無人島ガイドになっていました…。

どちらも筋金入りのサバイバー

サバイバーa

こんな変わり者を好きになるのは私くらいだろう、と思っていたら、
なんとどちらもかなり女性からモテるタイプの男性たちでした…。

つまり、女性はサバイブ力ある男性が、大好きだと思い知ったのです!

もちろん、どちらも何かを極めてそこで得た自信や、
多言語を操るコミュニケーション力など、
モテ要素を他にも持っていたことは、確かです。

でも彼らを一言で表すなら、やっぱりサバイバー。

やはり、本能でオスを匂わせている彼らのようなタイプは、
それを嗅ぎつけたメスがたくさん寄って来るのも仕方ありません。

『無人島で生きていける』は、日々の暮らしの中では
現実味もないので、極端な例として置いておくとして…。

今の時代、都会でサバイブする必要があるときがありますね。

例えば311など、地震や災害の際。

電気・水などライフラインのままならない中、
どれだけパニックにならず堂々としていられるかは、
その人の中のサバイバル能力次第だと思います。

そのためにはやはり、こうなった場合には、
こういうものが役に立つなど、知識として知っておくことも
そしてそれらを用意しておくことも大事ですが、
やはり実践する事も大切ですよね。

それなら自然の中に行くことだと思います。

今はまだ早いですが、例えば夏のキャンプ。

今ではシャワーやキッチンの付いた快適なキャンプ場もありますが、
例えばそれらを使わない、もしくはもっと人のいないところで訓練だと思って、
ひとりでテントを張って、コンロを使わず自炊してみる、などなど…。

もしあなたが目指すのが、ワイルドなサバイバー系であれば、
そういう訓練は必ずや、あなたの身になり、自信に繋がるはずですよ!

そして、いざというときに平常心で動ける男は、
女性からみてやはり文句なしにカッコいいですから。