セックスで繋がる大人の魅力を発揮する方法


心と体は表裏一体。
心が離れても、体が離れても、相手に対する思いが薄くなってしまいます。
セックスレスの夫婦が、離婚に至ってしまうという事実があるほど、
男女を繋ぎとめる要素としては重要視すべきものなのです。

30代の男性は、まだまだ精力に自信を持たなければなりません。
しかし、大人の魅力を発揮するプレイスタイルを身につけていなければ、
女性の欲求を満たすことはできなくなってしまいます。

Be

一番効果的な手段を磨くことによって、
早漏であってもセックステクニックが異性に認められます。
それが、挿入前の前戯にあるのです。

前戯一つで相手の感度が全く違う

特別な薬を使わなくても、相手の感度をアップさせることができるのです。
それが、雰囲気です。
ガツガツ攻めているだけのプレイスタイルは卒業すべきです。
じっくり焦らしながら相手の反応を見て緩急をつける。
それが、大人のセックステクニックの真髄となります。

相手の反応を見るということは、思いやりをプレイに盛り込むことになります。
女性はいつでも自分のことを思っていてほしいものです。
例えセックスという体の繋がりを深める場面においても、心も繋がっていたいのです。

だからこそ、愛のある前戯を行える男性というのは、
異性から見ると床上手に見えるのではないでしょうか。

挿入してから絶頂に至るまでの時間が短い方にとっても、
前戯の使い方次第で寿命を延ばすことは明確です。

相手の気持ち良さを最大限に引き出すことができてこそ、
男女の仲を深める意義があるのではないでしょうか。

緩急のつけ方は、舐め方一つとっても意識して行うのがポイントです。
少しの調節でいつもとの違いを出すことができるため、マンネリ化しているカップルにも使えます。
いつもとは違った雰囲気を醸し出すことができるようになれば、
いつも以上に感度抜群のプレイを楽しむことができるようになります。

モテる男はこうした技術を磨くことによって、心も体も繋がる関係を構築するのです。