ダメ前提で確約を勝ち取るテクニック


モテる男は約束を設定するのが上手です。
巧みに女性との約束を作り、恋愛発展へのチャンスをつかみます。
待っているだけでは出会いのきっかけは限られています。
自分なりに行動することができなければ、モテる男になることはできないのです。

couple with promise rings

ここでは女性との約束をする上で、確約をしっかり手にすることができるテクニックを解説。
人の心理を上手に操作することができるようになれば、誰でも簡単に約束が交わせます。

「ダメ」という返事が前提の誘いが一発目

モテる男は一度の誘いで終わらないというのが鉄則です。
むしろ、一発目の誘いは「ダメ」という返答で十分なのです。
ただし、誘い方に気をつけることによって、「ダメ」という答えの後に、
「OK」という返答を手に入れることができるようになります。

「突然の誘い」を上手に活用しながら、相手の心理を操作します。
いきなり誘われても、大抵予定があったり心の準備ができなかったりと、
「ダメ」という回答に至ることが多いはずです。
そこで、すかさず次の予定の約束を交わすのがポイント。

説得にも利用される「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」というものは、
初めに大きなお願い事をして、それから負担の小さいお願い事に切り替えると、
提示したものに対して聞きいれてくれるというものなのです。

これは、全て断ってしまうと相手もさすがに「悪いなぁ」という気持ちになるため、
相手の要望に対して譲歩するという心理が働くため、
急な誘いをダミーとして利用して、本当の誘いを後に持ってくるという方法が、
多くの女性と約束を交わす成功例に繋がるのです。

「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」を巧みに利用する

要望のレベルを調節することによって、自分の意図した誘いを作りだすモテる男。
それは、「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」という説得の心理を利用することによって、
相手に抵抗感を与えることなく目的を達成するのです。
もちろん、最初の条件で相手が「OK」であれば、さらなる発展をさせることもできます。

相手の出方によって説得の方法を考えることができるようになると、
恋愛の経験値を稼ぐことができるのです。