デートで使う金銭感覚を学ぶ


女性とデートに出かけるのであれば、
自分に対する魅力を知って欲しいと誰もが願うはずです。
女性は色々な部分を確認しながら、自分に合った相手であるかを判断します。

モテる男は女性が目をつけるべきポイントをあらかじめ絞っておくことによって、
少しでもライバルよりも良い相手であるという思いを抱かせます。
だからこそ、失敗が少なく、意中の相手を射止められるのです。

images (1)

女性がデートで気にかける部分はいくつかポイントがありますが、
その一つがお金の使い方です。
決して無駄遣いをするのではなく、効果的にお金を使っているかを見定めます。

ここでは、デートで使うお金の概念についてを解説します。

一般的なデートで使う費用

自分が全ての費用を持つのであれば、
1000円では少ないと感じるのではないでしょうか。
男女が折半してデートの費用を負担するのであれば、
1人10000円を負担するのでは、女性側が少々高いように思うかもしれません。

だからこそ、どのようにして相手に気を使わせずにお金の調整を行うかが、
モテるためのテクニックに繋がるということがわかるでしょう。

男性が全ての費用を負担するのであれば、
デートスポットに出かけて約5000円。
その後の食事で1万円から15000円ほどというのがスタンダードです。
もちろん、豪華にやろうと思えば、上限に定めはありません。

ただし、女性が見ているのは男性のお金の使い方であることも忘れずに。
あまりにも破天荒なお金の使い方をしているようでは、
まだまだ子どもとして見られてしまうかもしれません。

お金の管理ができてこそ大人の男性の魅力を与えられます。
自分をいかにしてコントロールするかによっても、
結果が大きく左右されるかもしれないことを学ぶべきではないでしょうか。

最近の傾向としては、女性も少しは負担をするものの、
基本的には男性が多くを負担するというのが良いと考える女性も多いようです。
過度に気を使わずに、相手を立てることができるからこそ、
このようなバランスになっているのかもしれません。