デートで差がつくからこそ失敗談から学ぶべき


デートで男女の仲は急速に接近することがあります。
お互いの魅力を確かめ合うことによって、一緒にいたいという気持ちを大きく育てます。

十分なメリットが得られる相手とみなすことができれば、
一生のパートナーになることも少なくありません。
年齢的に結婚を視野に入れて付き合いを考える段階に差し掛かっている方も多く、
将来的なイメージを抱くためのやり取りとして、大きな差にも発展する可能性があります。

stock-footage-couple-drinking-at-party

だからこそ、デートは勝負をかけるための布石としては当然重要視されます。
ここでうまく相手の気持ちを自分に引き寄せることができなければ、
思いをつむぐことはできなくなってしまうのです。

ここでは、デートの失敗談から今後を学んでもらうべく、
女性に引かれてしまうデートのたしなみについてを掘り下げていきます。

コーディネートは最重要項目

デートの善し悪しを決めることになるコーディネート。
気になる相手を思い切りデートに誘う積極性は良くても、
その後の楽しみが感じられないようなコーディネートであれば女性に引かれます。
食事、行く場所を踏まえて、どれくらいの時間を使うかも重要。

トータルで飽きない時間設定を行いつつ、
相手の興味に合ったところへいざなうのが、魅力あるデートになります。
多少の方向転換ができるような柔軟さがあることも魅力をアップさせます。

あくまで喜ばせるのは相手なのです。
自分が喜ぶようなデートコースではなく、あくまで相手をもてなすのが常識です。

会話のスタンスで失敗する男性が多い

何よりも相手に不快な思いをさせてしまいがちなのが会話のスタンス。
自分の話を中心に過ごしているのは失敗です。
相手が会話の7割を占めるほど、たくさん話してもらうのが理想的。
自分は聞き手となって時を過ごすのが、充実感をアップさせるカギとなります。

自慢話をするのは問題外。
相手はあなたのことは知りたいと思っていても、
あくまでさりげない会話の中でイメージを組み立てたいのです。
こちらから固定観念を与えてしまっては良い結果に繋がりません。

人の批判をするようなマイナスな会話も十分配慮すべきです。
相手にストレスを与えてしまうことも少なくありません。