デートに費やすのはお金ではなく会話を聞く時間


話を聞くということは、相手のことを知るために必要です。
自分のことばかりを話しているようであれば、相手は退屈しているかもしれません。
一緒に居て良かったと思えるような時間を演出することこそ、
デートを成功させる秘訣となるのです。

つまり、デートに費やすのはお金ではなく、相手の話を聞くという時間を費やすべきなのです。

丁寧に会話するというのは意外と難しいものです。
特に、自分が受け手として接するのであれば、やり取りのスタンスは十分考えるべきです。
相手の会話にどのようなリアクションを取るかによっても、進展するか否かが決まります。

いくらお金がある男性でも、デートでの会話がつまらなければ、
相手が描く自分に対するイメージは、「一緒に居ても楽しくない」となってしまいます。
何度もデートしたくなる存在というのは、いつまで居ても時間が足りないものなのです。

相手に名残惜しいと思わせることができるかがモテる・モテないの分かれ道。
話を聞く力が長けているのであれば、次のデートの誘いをしたとしても、断られることはないでしょう。

何度か誘っても良い返事がもらえないというのであれば、しつこくつきまとうよりも、
次のターゲットを探した方が良いかもしれません。
それほどまでに、自分のコミュニケーション能力は、人としての魅力を推し量るのです。

42

デートで気にするお金の問題。
自分が全て払わなければという思いに気を取られてしまっては、デートの質に影響が出ます。

お金よりも大切なものがあるということを認識したうえで立ち振る舞うことが、
相手をもてなす心情を高め、会話に没頭することができるようになるのです。
余計なことは考えずに相手の話に耳を傾けてみて下さい。
その真摯な姿勢こそ、モテる男としての魅力を発揮するのかもしれません。

デートで気を付けるべきポイントをしっかり見据えて臨むことによって、
失敗する確率を低くすることができるようになるので、
是非ともこれからの経験に役立ててみてはいかがでしょうか。