デートの期待を高めるメールの方法について


デートをコーディネートするということは、
女性の期待に応えることによって、男性としての魅力を高めるチャンスです。
ただし、「失敗できない」というプレッシャーに苛まれることもあるので、
可能な限り秘密裡に進めながら相手の想像を掻き立てる演出を行うことで、
心理的なゆさぶりをかけることが有効になります。

t1

何もかもプランをさらけ出してしまうと、デートに対する期待が薄れてしまいます。
「次は何があるのだろう??」と期待できるような内容であってこそ、
デートは楽しいものなのです。

だからこそ、デートのお誘いのメールにも一工夫加えることによって、
最高の演出を行うことができます。

コーディネート前に行っておくべきこと

デートのお誘いをメールで行い、了承が得られたのであれば、
少しだけ細かな情報を仕入れておく必要があります。
優先すべきは、デートに費やすことができる時間です。
サプライズを用意していたとしても、次の予定が入っているのであれば、
体験させることなくデートが終わってしまう可能性があります。

初めのメールでその日の他の予定を伺っておくことによって、
遅くなっても大丈夫な環境を手にすることは、
その後の演出にも大きな影響を与えるのではないでしょうか。
だからこそ、デート後の予定をさりげなく聞いておくべきなのです。

ただし、注意しなければならいのが、あからさまに帰宅時間を聞かないことです。
もしくは、こちらから「〇時までは大丈夫?」といったように、
相手に今後の予定を悟られやすい言動で伺ってしまうと、
モテる要素を失ってしまうことにもなり兼ねます。

まずは相手の予定を伺いつつ、これからのプランニングを行うべきなのです。

よくばりすぎは禁物

いくらデートでポイントを欲したとしても、
一度のデートに全てを費やしてしまっては、それを継続しなければなりません。
つまり、次のデートも設定できるような伏線を押さえておくことが、モテる男の本質を高めるのです

何度でも連れていくことができるほどのゆとりを持っておく方が、
デートを毎回楽しませることができるでしょう。

そんな心遣いがあるだけでも、ライバルに差をつけることができるようになります。