デートの誘いで失敗しない気遣い


デートに誘うプランが魅力的なものであっても、言い方次第で印象は変わります。
モテない男はデートの誘い方が下手な場合が多く、
少しの配慮でモテる条件に繋がることができるのです。

まずは誘い方のマナーを踏まえておくことによって、
自分自身のチャンスを拡大するのが、恋愛への第一歩となります。

mcx-cheap-date-ideas-005-de

ここでは、モテないデートの誘い方を例にとって、
失敗しない気遣いについてを紹介します。

ことばの選択には十分な配慮をすべき

せっかく充実した時間をコーディネートできるセンスを持っていても、
誘い方次第で魅力が失われてしまいます。

ことばの選択一つで、女性は一緒に行きたい・行きたくないが変わります。
一番ダメなパターンが上から目線での誘いです。
連れて行ってやる的な表現で誘ったとしても、女性は良い気持ちにはなりません。

相手を不愉快にさせるような言動には気をつけつつ、
あくまで対等な感じを与えることが重要になります。

断られたときもスマートに

デートの誘いをしたからといって、必ず成功するとは限りません。
相手にも予定というものがあるので、せっかく企画したものであっても、
実現しないということは少なくないのです。

しかし、ここでゴネてしまうとモテない男へと繋がってしまいます。
無理な誘いをするのではなく、一度断られたのであれば次の約束をするのが、
スマートなモテる男へと繋がるのではないでしょうか。

ゆっくりと機が熟すのを待ちつつ、こまめにアプローチをかけることによって、
デートのチャンスを掴み取るのがおすすめです。
しつこく誘うようなスタンスでは、モテる男になることはできません。

メールよりも直接誘うのが効果的

相手に対してデートの誘いをする場合には、少しでも確率を高くするのがポイント。

誘うからには断られにくい手段で攻めるのがお勧めです。
メールは便利なものの、断るのに迷いが生じないのがデメリット。
直接の誘いであれば、勢いでOKになることもあるはずです。

ダメもとでデートに誘うくらいのスタンスで何度もトライすれば、
誘うのにも抵抗を感じなくなるのではないでしょうか。