デートの食事に誘う場合に避けるべき選択肢


女性は食の好みがはっきりしています。
自分に合わないものを出されてしまうと、気分を害することもあるでしょう。
特にデートで苦手なものを食べるとなれば、ストレスが大きくなる可能性があります。
お店選びによって、男性側の魅力を削いでしまうこともあるのです。

article-new-ehow-image

だからこそ、デートの食事に誘うお店は、十分な戦略を練るべきなのです。
気をつけるべきポイントは、相手の食の好みを聞いているか否かにもよります。
まずは、可能な限り相手が行きたいと思えるお店のリサーチをしておくのが、
デートで失敗しないための秘訣となるでしょう。

ここでは、相手の好みを聞いていない場合の戦略も含めて解説します。

無難さを求めた食のコーディネート

辛いものや、酸っぱいものに分類されるグルメが自慢のお店は、
ファーストチョイスからは外すのが良いでしょう。
相手の好みを初めのデートで伺ったうえで、2回目以降のデートで使うべきです。

初めてのお店なのに、本人が嫌いかもしれないギリギリのラインを攻めるのは、
モテる男として失格となる可能性が高いのです。
リスクをわざと抱えてデートに誘うよりも、
無難でゆったりとした時間を過ごすことができるところを選択すべきなのです。

無難さは、相手に悪い印象を与えません。
ただ、ファミリーで行くような大衆店は避けても良いでしょう。
せっかくのデートなので、いつもはいかないようなお店選びは重要です。

ただし、出てくるものは無難さがあって、食べ飽きないものが良いでしょう。

ラーメンやファストフードでデーというのは、ロマンチックに欠けますよね?
自分だったらどんなお店をデートに選ぶかをしっかり考えると、
外すべきジャンルのお店がはっきりするでしょう。

2回目の約束をするための布石とするべき

どうしても結果が早く欲しいと焦ってしまう男性が多いものの、
30代のモテる男は、数回のデートで自分の魅力に染めるのです。

つまり、初めてのデートは無難な食事でまとめて、
2回目以降に相手の好みに合致したチョイスを行なうことが、
粋な計らいができる男としての認識を強めるのです。

だからこそ、ファーストチョイスは無難にまとめるのが良いのです。