デートは長さではなく濃さが重要


デートに誘う場合には、ある程度のプランニングを行うことが重要。
しかし、少しだけフレキシブルな面を残しておくことによって、
相手の好みに合わせたコーディネートができるようになります。

そして、デートは長くだらだらするのではなく、
濃密な時間を過ごしつつ、名残惜しさを残して引きあげるのが重要です。

Picture

男女の恋愛は駆け引きの連続。

押してばかりではなく、上手な「引き」をマスターすることによって、
相手にとって気になる存在というイメージを刻みこむことができるようになります。

デートは長さではなく、濃さを追求できるかが2度目のチャンスを作り出します。
1度時間を共にしてつまらなければ、次のチャンスはないものと考えるのが妥当です。
30代はそれなりの人生経験を積んでいるため、
若かりし頃とは違って失敗は許されないというイメージがあるのです。
だからこそ、確実に相手の心をつかむ演出をデートに盛り込むべきなのです。

確定させる要素と自由を残す要素について

デートコースをコーディネートする場合には、確定的なものと自由に選択できるものを分けるべき。
特に、食事は好みが関係するため、ある程度自由な選択ができるのが魅力的です。

デートコースの主たる企画は、相手に対するインフォメーションにも繋がるので、
相手が抵抗することなく共に時間を過ごせるものを選択すべきです。

いきなり遠出をするような誘いは、その後の疑いが頭をよぎります。
初めてのデートに誘うのであれば、ライトな関係がベストです。
その後、自分の魅力に引き込むことによって、相手の心をつかむべきなのです。

デートに費やす時間は数時間で十分

デートは1日中ではなく、午後以降から行動することにしつつ、夕食を共にすべきです。
最近はランチデートも人気となっており、リーズナブルな投資になる点も使い勝手に優れています。

デートに費やす時間は物足りなさを残しつつ、次の期待をイメージさせるのがポイントです。
だからこそ、長さにこだわるのではなく、相手のイメージに刻みこむことができる濃さが必要です。