デートを誘う前のリサーチこそ成功の秘訣


女性をデートに誘う場合には、成功するための手順を踏むべきです。
十分なリサーチを行うことによって、魅力的な出会いのきっかけになります。
こだわりの条件を自分なりに設定したとしても、
相手の好みに合わせた微調整を行うことが重要になります。

images

まずは会話からデートプランを組み立てる

さり気ない会話の中から、女性の好みがある程度割り出せるようになります。
今行きたい所、食べたいもの、欲しいものなど、こちらからわざわざ聞くのではなく、
会話の中から最近ハマっているものについてを展開させると、
おのずとデートに使えそうなネタを仕入れることができます。

自分からデートの核心部分に触れてしまっては、
相手のドキドキ感が半減してしまうので、会話からデートプランを組み立てるのがベスト。

モテる男はさり気ない会話の中で、休日によく行っていることや、普段食べているものなど、
趣味や嗜好についてをリサーチするのが上手です。

1つくらいは魅力的なプランをチラ見せすべき

全くプランを伝えることなくデートに誘っても、相手は魅力を感じることはなく、
行こうか・行かないかを迷わせるだけです。
せめて1つでも魅力的なプランを伝えることによって、行きたい気持ちをあおるべきです。

デートプランはチラ見せするくらいの方が、魅力的に思えることが多いため、
「何があるのだろう?」というドキドキ感は残しておくべきです。

行くことを前提にした誘いも重要

相手にお伺いを立てるときのテクニックとして、Yesという答えを前提にして、
デートのプランニングを行うのが重要になります。

もちろん、選択権は相手にあるのですが、
できるだけ具体的に話を進めるために、悩む間を与えることなく返答できるよう、
誘いの時には行くことを前提にしながら話を進めるのが大切です。

自分をリードしてくれる男性の方が、好まれる傾向があります。
無理に誘うというのさえ気をつけておけば、女性の一歩先行く存在の方が惹かれます。
十分なリサーチからのアプローチは、成功の秘訣です。