ナポレオンも公言の身なりは人の心を映す


歴史的人物でも有名なナポレオンが、「人はその制服通りの人間になる」と言ったように、
身なりは人の心を映すと考えられています。

やはり、身なりに目を向けることによって、人の雰囲気を察知するため、
モテる男になるためには外見に磨きをかけることも望まれます。
高級ブランドを身につけるというのではなく、あくまで雰囲気を装うのがベスト。

つまり、一目見た時に雰囲気の一部として感じ取れるようなファッションが魅力的なのです。
人を見た時、「主婦みたいな感じ」、「教師みたいな感じ」、「美容師みたいな感じ」など、
誰しも何かに見立てて人を表現した経験があるはずです。

出会いの第一印象においても同じような作用が働くため、
できるだけ「~みたいな感じ」という印象がプラスになるような装いにすることが、
見た目の魅力を相手にアピールすることに繋がります。

index

コンセプトを絞ってコーディネートすることも重要です。
バラバラのファッションでまとめるのではなく、統一感を持たせると綺麗に見えます。
男性であっても綺麗さが感じられるようなコーディネートはモテる要素としても大切。
少しの配慮でまとまりが出るようになるので、ファッション雑誌に目を向けるのも良い方法です。

芸能人でも印象に残る要素としては、独自性をアピールしつつも、
どこか「~みたいな感じ」という印象を与えています。
先人たちの認識を活用してアピールする戦術なのです。

ナポレオンが残した名言は、現在も意味をなす言葉としてしばしば使われます。
過去も現在も身なりに対する意識が存在したからこそ、
視覚に訴える部分を磨くことを怠らないようにすべきなのです。

モテる男は見た目にも一目置くことができるインパクトを持っています。
常に人に見られるという状態を踏まえて自分を装うからこそ、
注目を好意に変えるチャンスを他者よりも多くすることができるのではないでしょうか。

決め手は人間性だとしても、少なからず興味を抱くような見た目を練ることによって、
多くの出会いをコーディネートすべきなのです。