パーソナルスペースに踏み込めるモテる男


人は適切な距離感というものがあります。
自分の周囲50cm以内の距離をパーソナルスペースと言います。
この距離に踏み込んできた人の印象によって、
自分が好意を持っているか否かが判断できるのです。

46

つまり、モテる男はパーソナルスペースに踏み込んだ時の反応を見ながら、
脈ありとみなすことができるかが判断できるのです。

親しい思いや好意を抱いているかを考えるには、
相手との距離と縮め、単なる異性としての意識から一歩踏み込むことが、
勝率を考える上では重要なポイントとなります。

パーソナルスペースの定義

図1

パーソナルスペースは、アメリカの文化人類学者のエドワード・ホールが提唱したもの。
距離によって大きく4つに分類したものとなっています。
さらに細かく近接相と遠方相に分類しているのが特徴。

・密接距離→親しい人にだけ許されるスペース
近接相(0~15cm): 抱きしめられる距離
遠方相(15~45cm):手で相手に簡単に触れる距離

・ 個体距離→相手の表情が視覚的に読み取れるスペース
近接相(45~75cm): 相手を捕まえることができる距離
遠方相(75~120cm): 両者が手を伸ばすと指先が触れる距離

・ 社会距離→相手に手は届かない程度だけど容易に会話ができるスペース
近接相(1.2~2m): 初対面、もしくはビジネスでやり取りする場合に使われる距離
遠方相(2~3.5m): 規模的に大きなビジネスのやり取りに使われる距離

・公共距離→複数の相手が見渡せるほどのスペース
近接相(3.5~7m):個人的関係を必要としない話者と聞き手になる距離
遠方相(7m以上): 立場が違う人物と面会するような場合に使われる距離

モテる男は密接距離を握れるかがカギ

パーソナルスペースの原理を知ることによって、どれだけの距離を侵すのが、
相手の心情を捉えた反応を得ることができるかがわかります。

モテる男は密接距離の範囲でやり取りが容易にできるのが特徴。
逆にモテない男は個体距離の範囲から近づける勇気がありません。

いかにして距離を縮めるかが男女の関係を見抜くためには重要です。
もちろん、相手が緊張しやすいという心理が働いている場合には、
簡単に距離を詰めても効果が薄いという場合もあるので、
自分の置かれている環境を考えながらのアプローチが重要となります。