フラれてもリトライする心がモテるには必要


一度の失敗で全てが終わってしまったと思うのは間違いです。
何度もアタックすることによって実る恋もあります。

結婚話についてをテレビなどで見ても、
何度も「好きだ!」というアタックを受けて好きになるというエピソードを見るほど。
やはり、何度も自分に対する思いを伝えられる方が、
女性としては好きになる感覚が心に芽生えます。

モテる男は自分の行動一つで女性側の心がどのように動くかをとらえ、
適切なタイミングで告白を行うことができます。

たとえフラれても何度もリトライすることによって、
脈あり・なしの判断がはっきりわかります。

a1

好きかもしれないという意識を持つ

相手が自分のことをどのように思っているかがわからなければ、
告白をするという行為には至りません。

誰しも負けがわかっている戦には出ようとは思わないはずです。

しかし、こちらに意識を向けるための手はずとして、
告白を上手に使うということはモテる男の常套手段。

まずは自分の思いを端的に伝えることによって、相手に意識させるのがポイント。

そこから勝負に出ることによって、相手の心理を揺さぶることができるのです。
告白を受けるとおのずと相手が気になります。
恋愛心理についての知識を持っているモテる男は、女性側の心の動きを逆手にとって、
自分への意識を意図的にコントロールします。

その際に自分に対して何らかのプラスとなる意識・行動が見られるのであれば、
告白のチャンスは再度訪れると考えることができます。
しかし、全く交流が図れなくなるようであれば、次の相手にシフトするタイミングです。

告白が失敗しても相手との距離を見ればチャンスがわかる

たとえ告白が失敗しても、相手との距離を分析することで、
リトライができるかが把握できるようになります。

モテる男はフラれていてもめげずに距離を保ちます。
失敗したから自分から距離を置いてしまうのは厳禁。

告白が失敗した後に、女性が自分とのスタンスをどのようにとっているかを見ると、
もう一押しする行動に移るかの判断ができます。

その見極めを行うことで、モテるチャンスは大いに拡大します。