ポジティブな意識がモテる男を彩る仕組み


誰しも感情移入が生じる要素を生まれながらに持っており、
その影響が人の魅力に惹かれるという構図を描くのです。

人にはミラーニューロンという人のまねをするときに働く神経細胞があります。
行動を見るだけでも活動するということから、
ミラーニューロンという名に繋がっているのです。

では、こうした人の作りを上手に活用しながら、
モテる男としての成長を遂げるのであれば、
相手がプラスだと思える要素を、自分自身で抱えることが重要になります。

30

一緒にいたいと思う人物像をイメージすると、
必ず前向きな考えができる人という要素をあげるのが一般的。
その理由は、自分にとってもプラスになるという要素を、
生まれながらに感じる特徴を持っているからなのです。

誰もが前向きになるような明るさ、爽快さを持っている男性は、
人としての魅力に包まれた存在と思うことも少なくありません。

感情移入をした時に、自分にとってプラスにならない特徴であれば、
人としての魅力に惹かれることはありません。

自分も同じようになりたいという意識を自然に抱くことができるからこそ、
人としての根底から総計する存在として認識するに至り、
結果として恋愛感情を芽生えるという形に発展するのです。

自分にとって活力にも繋がるポジティブな姿勢は、
日常生活を彩る要素としても欲している人は多いはずです。

自分には持っていないものを有しているだけでも、
モテる男としてのステイタスには十分です。
他人の意図をまねすることができる特徴があるからこそ、
一緒にいて楽しいという人が、一生寄り添うパートナーの条件としても、
多くの女性が最優先するのではないでしょうか。

経済的に恵まれていても、生活にメリハリがなければ、
総合的な満足度は高くなりません。

何度も会いたくなるようなポジティブさを見るだけでも、
自分自身の後ろ向きな姿勢を改めようと思うのではないでしょうか。
神経レベルで惹かれる要素を有しているということは、
生まれながらに魅力を有していることに等しいはずです。