メールを用いた効果的なインパクトの与え方


恋愛感情を抱かせるために、メールでのやり取りは欠かせません。
もちろん、直接会って親密度を高めることも重要ですが、
毎日気になる相手と会うことはできません。

モテる男になると、同時に複数の女性にアプローチをかけるので、
直接会う1人だけを大切にしていては、目まぐるしいほどの出会いを成功させることができません。
だからこそ、メールを上手に活用することによって、相手を繋ぎとめるというのを成功させるのです。

メールはいつでも送ることができ、返信も相手の都合に合わせることができます。
相手の生活に支障をきたさないような時間に1通送信しておくだけでも、
相手に自分という存在を知らしめることができるのです。

始めは、「何してる?」といったような簡単なやり取りから、
日常生活の何気ない話題を交わすようになり、やがてはデートの約束に至ります。
はじめから「一緒にご飯食べに行こう」と誘っても、相手はOKしてくれません。
徐々に距離を縮める働きかけを行ってこそ、拒否感を低下させることができるのです。

romantic photos of couples in love on the street

メールでのやり取りにはじっくりと時間をかけるべきです。
一日で一緒に遊ぶ約束をゲットしたいのであれば、出会い系サイトを利用すべきです。
相手にも自分と同じような気持ちにさせることができてこそ、
初めて食事などのデートに行くことができるのです。
心の動きを敏感に察知していかなければ、顔が見えない状況で優位に立つことはできません。

だからこそ、メールでのやり取りを導入して相手とやり取りをするのであれば、
会話の内容から自分との距離感を把握することが、
進展させるきっかけを作るタイミングを逃さないためには重要です。

口説くためには使い勝手が抜群のメール。
最近はLINEなど、リアルタイムにメッセージを閲覧しているかを確認するものもあります。
あまりにも既読したかを確認することのないように、まずはメールでやり取りをするのが得策です。

そこから親密度をアップさせるために、LINEなどのツールを活用することが、
ステップアップしたという印象を相手にも与えることになります。