モテない男は出会いの機会が少なすぎる


自分はモテないと思っている場合には、圧倒的に機会が不足しています。
1年間で新たな出会いを振り返ることによって、チャンスの少なさが露呈します。

まずは自分が1年間に出会った異性をカウントし、
そこから既婚者や既に恋人が居る人を引きましょう。
また、100%恋愛に結び付かないような人も除外すべきです。

こうしてカウントしてみると、実に少ないチャンスであることがわかるはずです。
出会いが少ない人であれば、新たな出会いで恋愛へと結びつく人数は、
1ケタであるという回答に至る方も少なくないはずです。

こうした機会のまま生活を続けているのであれば、
いつまでもモテない状況は好転しません。

自分から出会いを求める行動を起こさなければ、
いつまでもモテる男になることはできないのです。
しかし、なかなか出会いのきっかけがないという方も多いはずです。
そんな時の解決策が、インターネットを用いた出会いの発展に繋がっています。

a21

一昔前までは出会い系と聞くといかがわしい想像しかありませんでしたが、
現在は結婚を見据えた出会いのスタイルも存在し、
インターネットという普及した媒体を利用しながら、
新たな出会いを見つけるというのが、合コンなどと並列的に考えられています。

つまり、インターネットからの出会いであっても、
恋愛へ発展する確率を高めてくれるものであるという認識に至っているのです。

モテない男にとっては、インターネットからの出会いは非常に貴重です。
しかも、合コンと違って自分の好みに合わせて検索ができるため、
会ってみてがっかりしたという思いが少ないのも魅力的です。

合コンから恋愛に発展しない理由としては、
自分の望んでいるようなタイプではなかったというのが多いはずです。
しかし、予め好みを絞ってコンタクトができるというのであれば、
出会いから恋愛に発展する割合を高めてくれます。

習い事をはじめたり、合コンに出かけるよりも確実性があるからこそ、
インターネットからの出会いはモテない男の汚名を返上させる環境となるのです。