モテるだけで終わらせない‟マーシャルアーツ”の重要性


日本には世界が憧れる様々な武術がありますね。

空手、柔道、剣道、合気道、居合道などなど、
日本の文化を象徴させる一つとしてこの様な武術が継承され、
また、人気を集めてきました。

武術をしている男性のイメージは

・いざという時に守ってくれそう

・男らしく、たくましい

・体格がよさそう

・精神的に我慢強そう

など、女性にとって心強い男性のイメージがあるようです。

アクション映画などを見ていると、
技を次々に決める男性は本当にカッコいいですよね。
男性も女性もその華麗で男らしい姿に息を呑んでしまう程です。

ですが、武術をマスターすれば、

“喧嘩に勝てる”“女性にモテる”

この様な判断では、
武術の本当の魅力を追及することは出来ません。

このように、武術=格闘技

というイメージがある人は間違っているのです。

「武術=精神」そして、

「精神=自然・神」

であると私は思います。

無題

私は直接武術と精通しているわけではありませんので、
大きな事を断言することはできませんが、
このような武術や日本舞踊などの、
日本の伝統文化を汲む芸術には全て
精神の鍛練が必要になります。

まず、武術も立派な芸術「アート」ということを頭に入れてください。

英語で武術はmartial arts と表現します。

武術がなぜアートと呼ばれるのか、
それには自然との密接な関わり合いがあるからだと思います。

人間が生み出したもの全ての芸術には、
自然の存在と、それに対しての恩恵があります。

そういった台地の中で、
神への感謝自然と肉体との一体感
「技」として、エネルギー「気」の根源として訓練されてきたのではないでしょうか。

武術から生まれたダンスも多様に存在しているのです。

私は、武術における格闘技としての性質は、
あくまでもボーナスだと考えています。

武術をしている男性が魅力的なのは、
その精神に「真の男らしさ」を持っているからだと思います。

内面や性格を磨いただけでは、培うことのできない
人間の真の深いところまで訓練された強さを持っているのです。

また、強さとは反対に女性に対しては、
とても優しく思いやりのある人であること。

そのギャップは女性心を掴んで離しません。

武術に精通するということは、
真の強さへの探求であると思います。

中途半端な気持ちで始められるものではありませんが、
女性にモテるという単純なものではなく、
ご自身の強さを構築する重要な機会になるかもしれません。