モテるメール術をマスターする


相手との距離を引き寄せることができるメール。
しかし、内容を吟味して送らなければ相手の気持ちをつかむばかりか、
面倒な相手として見られてしまう場合も少なくありません。

b2

できるだけ多くの効果を期待することができるために、
メールで受ける印象の違いを知っておくことが重要です。

件名から注目を誘う

メールを送付するうえでつい省いてしまうのが件名です。
しかし、行動心理学の視点から考えると、件名を省くのは要注意!

ほかのメールとの違いを出すためには件名をしっかり記載したうえで送ることで、
差別化を図ることが、自然と注目させるテクニックへと繋がります。

相手が「何だろう?」と内容を見たくなる件名がつけられるようになれば、
いち早く確認するメールとなるのです。

疑問形の多用は禁物

メールのなかで使った方が良いと思われている疑問形。
しかし、多用することで返信が面倒に思ってしまうのは事実です。

日常のコミュニケーションでもそうですが、
質問攻めの相手とは長い間やり取りをしたいとは感じられません。

同じような形式のやり取りはマンネリ化の元。
たとえ脈ありの相手であってもメールの形式を変えることによって、
飽きさせない工夫を施すのは重要です。

長すぎるのも疲れる

メールの形式は長さも重要。
あまり読みものとして感じるような長さは後回しにされてしまいがち。
内容を確認してすぐに返信できるようなものでなければ、優先度がダウンします。

返信しやすいような内容にするのも重要であり、
相手のことを考えてメールを送るのが、モテるための秘訣となるのです。

返答にも長さが必要でないものが理想的。
「はい」か「いいえ」で返すことができるものの方がベストです。

モテるメールを送るには

会話術でも重要とされるコミュニケーションのスタンスを考えることによって、
モテるためのメールを誰でも送ることができるようになります。

相手のことを考えたうえで重視すべき内容を吟味することができると、
それだけでも魅力的な内容を送ることができるはずです。