モテる男のグローバリゼーション


インターネットが生活の一部として普及してからは、
グローバル化も促進を見せ、
世界中と繋がれるアプリケーションなども
迅速な勢いで発展してきました。

そんな中「モテ男」達は、
社会のグローバリゼーションと共に、知的に変化してきました。

101312_0733_TheGlobalEc1

二カ国語、三ヶ国語と母国語以外の言語を身につけているのです。

「もはや英語はできてあたりまえ。」

数年前からこんな言葉を聞きつつも、
未だに英語が習得できないというあなた。

やれば、できます。諦めずに頑張ってください。

私の周りのモテ娘ちゃん達は、
英語や中国語、スペイン語なども操れる子が多いです。
そういう女性程、知的な上に、
内面も外見も磨かれた「とびきりな女性」なのです。

そんな「いい女」たちの隣には決まって「良い男」の存在があります。

彼女達の「いい男」を選ぶ基準は、
まず、自分より頭の悪い人は選びません。

彼女達は、常に向上したがっています。
自分を引き上げてくれる様な知的であり、
その知的さで世界を楽しんでいるような
おもしろく、頼もしい男性を選ぶのです

どれか一つというのであれば、「英語」は必ず身に付けてください。

しかも、下手な発音では駄目です。

パーフェクトな英語の発音は、本当にセクシーですよ。

英語の発音は、唇や舌を良く使います。
むしろ、これらを使いこなせないと英語は話せません。

同じ歌手でも、日本語の歌を歌った時と、
英語の歌を歌った時では、何となく聞こえるサウンドが異なります。

日本語で歌った歌は、子供っぽいサウンドだったのが、
英語に変えると、ずっと大人っぽく優しく、セクシーに聞こえる事があります。

ジャズなんかそうですね。

いくら上手くても日本語のジャズと、
英語のジャズでは、やっぱり感じられる雰囲気が全く異なってきます。

アメリカの友人は、日本語を話す時に、
あえてロボットのように話すと言います。
そうすると、不思議と日本人には流暢に聞こえるのです。

これは、英語はイントネーション、アクセントを使うからです。

ですので、大統領の演説は感動的であり、群衆の心を掴みます。

愛の言葉は、ロマンティックで詩を聞いているように聞こえ、
喜怒哀楽の感情もよりリアルに心に響く感じがします。

映画の吹き替え版の日本語は、
英語のようにイントネーションを強めに表現しているので、
普段の日常会話ではあり得ないくらいの、
大げさなしゃべりになっていますね。

でも、見ている人からすれば断然、そっちの方が面白いですよね。

このように、英語自体とてもロマンティックで抑揚のある言語なんです。

英語ができる男性のイメージは、

・ 頼りがいがある

・ 知的で頭が良さそう

・ 育ちが良さそう

・ お金持ってそう

などなど、とても好印象を集めています。

ですが、いくら英語ができても、発音が微妙だと、
笑い者にされる可能性もありますので注意が必要です。

英語上達の秘訣は、映画を英語字幕で沢山見ましょう!
分からなかった単語は、ひかえておいて何千単語も覚えましょう!

Unknown

とはいっても、実際に会話の練習をしなければいけません。
いまやインターネットの時代です。
沢山友人を作り、どんどん英語で話しましょう!
恥ずかしがっていては、その時点で「モテ男」失格です。
英語は使わないと、上達しませんよ!

英会話は、モテ男だけでなく、女性にも基本的な能力だとされています。

これを機にハンサムな発音を手に入れてくださいね。