モテる男はエコにも優しい


良くこんな男性を見かけます。

・ 空き缶用のゴミ箱に紙くずを入れる人

・ ポイ捨てをする人

・ 水を出しっぱなしにする人

など、見ていて溜め息が出てしまいます。

社会ではいい顔をしていても、
いくら恋や仕事が順調であっても、
肝心な所にまで神経が行き届いていないのです。

以前にお付き合いをした男性の中に、
走行中に車の窓から吸い殻や、ゴミを捨てる男性がいました。
私は、心底引いてしまいましたし、

「こんな気持ちの人は、
いつか私の事も簡単な気持ちで捨ててしまうのだな。」

と思いました。

案の定、彼の浮気が原因で関係を終わりにしました。

男性の自宅にお邪魔すると、
心の行き届いている男性の家では、
きちんとゴミは分別されています。

本当に必要な物だけを置き、
一つの物を長く使用している男性を、
私たちは見習うべきなのです。

それは、几帳面な性格だから出来る事ではなく、
当たりまえな事をしているのだと思ってください。

日本のゴミ焼却量数は、世界でもダントツで一位なのです。
ということは、ダイオキシンの排出量も世界で一位なのです。
この事に、あまりピンときている日本人がいないのは、
悲しいことでもあります。
日本は、大量生産をしますが、合わせて大量消費もします。
その上に、大量破棄という問題があります。
いくらリサイクルと言っても、
リサイクルするのに消費するエネルギーもあるのです。

スーパーで売られている食材に使われているビニールや、
トレーも無駄なものばかりです。
アメリカのスーパーでは、
ビニールにも、
何にも入っていない野菜や果物を、
そのままカゴに入れ、買い物をします。

Unknownppp

日本だと、ビニールに入ったお野菜は勿論の事、
食材の隣に自由に梱包できるビニールバッグが置いてあります。
実際に、ゴミ問題を気にかけている人がどれだけいるでしょうか。

エコに気を使っている男性は、

本質を見極めている素晴らしい男性だと思います。

使えるものは再使用したり、
マイ箸や、エコバックを使ったりしている男性は、
女性にも優しく愛情を注いでくれそうなイメージがあります。

エコに優しい=女性を大切にする

に繋がるのです。

男性の環境に対する態度が、
女性関係においても比例を見せているように感じます。

私たちは地球に生かされているのです。
そんなMother earthを思いやる為に、
何かエコを始めてみたらどうでしょう?
エコに気がつける優しい敏感さを持てば、
迷っている恋愛への答えに繋がるかもしれませんよ。