モテる男はスキンシップも爽やかに行える


日本人男性はスキンシップが下手な人種です。
海外の男性を見てみると、当たり前のように女性に近づき、距離を縮めることができます。
綺麗な女性に声をかけなければ失礼とまでされているほど、
日本人男性との価値観の違いが生じているのは一目瞭然。

しかし、スキンシップが苦手な日本人だからこそ、
さりげなく自然にスキンシップを図ることができれば、女性側も悪い気はしません。
自分に対する愛情表現の一つとして受け止めることができます。

as

ただし、やり方を間違えてしまうと誤解を生むきっかけになってしまうため、
できるだけ爽やかにサラリとスキンシップを図るのが、女性にとっても好印象です。

相手にさりげなく触れることができるテクニック

モテる男は女性との距離を自然に詰めることができるのがポイント。
いやらしい考えではなく、相手にも嫌がられない爽やかさがあれば、
肌が触れ合う瞬間に対しても悪い気はしません。

むしろ、惹かれるポイントになるというのがモテる男のテクニックなのです。

相手にさりげなく触れることができるタイミングは、デート中に数多く存在します。
その中でも最も意識せずに触れることができるのが、相手のごみを取る瞬間。
衣服や髪に着いたごみを取る時には、誰もが無意識に触れることができるはずです。

モテる男はここからステップアップできるのが距離を縮める極意。
食事の際に女性を席にエスコートする際に、さりげなく肩を触り席へと誘導する。
一見クサイと思うかもしれませんが、女性を尊重した行動であり、
相手からも嫌がられることなくスキンシップを図ることができるのです。

触れ合いがお互いの心を開く

「最近何だかカサカサして~」など、さりげなくお互いを触りあうことができる機会は、
心を開くタイミングを作りだすことができます。

料理や家事の話しをすることで展開することもできれば、
ショッピングに出かけてボディクリームなどが販売しているショップに伺うことで、
お互いの距離を意図的に詰めることは十分可能。

あくまでさりげない触れ合いを狙うのが、ぬくもりを意識させるポイントなのです。