モテる男は相手の頭にイメージを残すことができる


新たな出会いの場面になると、どうしても緊張してしまう方も多いはずです。
しかし、いかにして飾らない自分を見せられるかが、本質的な魅力を知るカギになります。

images22

いくら恋愛対象の候補を探したいからといって、殻の中に入っていては意味がありません。
付き合っても相性が合わずに、すぐに別れを告げられてしまいます。
長続きしたいという望みを抱き、出会いを探す対象にもなる男の30代。
そんな目的にそぐわないような相手は、たちまち恋愛対象から外れてしまうのです。

モテる男は自分の魅力をある程度相手に伝えつつ、引きこむ力があります。
飾らない自分を見せることによって、相手の信頼を手にすることができるのです。
緊張が和らぐことで、引き出せる本音を聞きつつ、相手の魅力に沿った自分像をアピールすると、
「この人のことをもう少し知りたい」という意識が生まれます。

興味を惹くような魅力が見え隠れすると、
違う場面ではどのような姿が見られるのだろうという期待が頭の中を駆け巡ります。

相手の頭に自分を忍ばせることができるようになると、
「気になる」=「好き」という意識も芽生える可能性が出てきます。
もちろん、「好き」という感情を抱かせるには男性側がアプローチをかける必要がありますが、
「気になる」という存在になってから、初めて恋愛対象に発展します。
このプロセスはどんな年代であっても変わりません。

30代のモテる男は駆け引きが上手に行えるからこそ、
女性が自然に惹かれてしまうという魔法にかけられるのです。

日常生活の一部として相手に自分のことを考える時間を宿したのであれば、
あとは、相手の心理を手玉に取るようなアプローチをかけることが、
結果的に成功体験へと繋がるようになるのです。

恋愛に対する緊張感を忘れることなく、自信と相手の心を解きほぐすことができれば、
つかみとしては十分の印象を残すことができるようになります。
それこそが、成功の秘訣と言っても過言ではありません。