モテ男の思考力はこうして養う!


「感想文」なんていうのを、学生の頃は良く書きませんでしたか?
映画や芝居、公演を観ての感想や、読書感想文。
何かにつけて教師は子供たちに感想文を書かせていますね。

子供たちは大変な思いをしながらも、
一生懸命にそれなりに思考して、
文章を作り上げますね。

私たちも昔はやっていたことなのに、
成長するにつれそんな事は忘れてしまいました。
ですが、この「感想文を書く」ということ、
本当に大切なことなのです。

例えば、本を読んだり、映画を観ると、
その直後は、心が興奮し、深く感動したり、時には涙することさえあります。
心が動いた時は、普段よりも多く思考し、頭が良く働きます。
そして感情内では、感動したり、幸福感があったり、悲嘆したりします。

ですが、それも日が経つにつれ、忘れてしまうものなのです。
失恋したときを思い出してください。
とてつもないショックと悲しみですね。
もしくは憤りすらあるかもしれません。
ですが、その悲しみも時間と共に解決し、
また次の女性を愛せるようになるのです。
仕事で悔しい思いをしても、
次に成功すれば、その悔しさは報われ、忘れてしまうのです。

jj

ですが、せっかくの経験です。
忘れてしまっては、意味のない事もあるのです。

誰かの講義を聞いた時、スピーチを聞いた時、
感想文を書くようにしましょう。
その話を聞いて自分がどう思ったか、
どういった内容であったかを書き留めるということは、
復習にも繋がりますし、ご自身の将来の希望や目標を考える上で、
非常に重要になってきます。

感動的なスピーチを聞いて、その場で感動するだけでは勿体ないのです。

imagesCA0H5KSZ

逆に、ためにならないスピーチを聞いたとしても、
そのスピーチがどうして為にならなかったのか、
ご自身が素直に思われたことを書いてください。

形式に捕らわれた綺麗な文章でなくてもいいのです。

映画も同じです。
映画を観たら、どの登場人物がどうであったか。
ご自身と比べてどうかなど、好きなことを書いてください。
「書く」行為によって、まとめにもなり、一度事を完結に導くことができます。
それが、満足感へも繋がることでしょう。

究極のモテ男になりたいのであれば、
「見ただけで終わらせない」ことを実践しましょう。

そうすることで、仕事に対しても目標ややる気を生みやすく、
また思考力を養うこともできます。

仕事ができる男性は、女性にとって最大の魅力であります。
日頃から、思考し、考察する力を身につければ必ず役に立ちますよ。