ライバルに差をつけるランチェスター戦略


企業が販売促進を行うために利用されるランチェスター戦略。
実は戦争で使われていた手法であり、
現在ではモテる男になるための秘訣としても利用されています。

36

ランチェスター戦略は2つのポイントがあります。

自分とライバルとの要素を比較することで、
プラスとマイナスのポイントを見極めるのが重要。

つまり、容姿についての善し悪し、仕事や収入などのステイタス、
趣味やコミュニケーション能力など、比較対象は多いのが適切。
勝負どころをどこに落とし込むかを分析します。

実際のランチェスター戦略は一次方程式を立てて優劣を見極めます。
モテる男の作り方として利用する場合には、
計算式での検討よりもポイントを絞った対策を立てるために役立ちます。

もう1つの特徴として考えるべきポイントが、
自分とライバルとの差別化を図る対策です。

自分には無い要素で、相手の特徴がアピールポイントになっている場合は、
自分でも特徴としてアピールできるように真似をすることが、
差別化を防ぐためには重要となります。

相手の武器を当たり前のものだと認識することによって、
惹かれるポイントにはならなくなるのです。

反対に、自分の武器となるべき部分を際立たせることによって、
ライバルとの差別化を図ることができるようになります。

この人にしか頼ることができないと錯覚させることができれば、
モテる男としての成果に繋げる確率がグンとアップします。

しかし、容姿の面を武器にすることができるという場合は少ないため、
ほかのポイントに的を絞ってアプローチを仕掛けるのが重要。
そのためには女性の情報をリサーチすることによって、
人としてイメージする場合に重視すべきポイントを見極めることが、
モテる男としての条件になります。

数学的な概念を有したランチェスター戦略は、
今や男女が惹かれあう条件を作るためのものとしても活躍しています。
まずは各自でライバルが居るかを把握しながら、
自分を選択してもらえるように努力を講じることによって、
実を結ぶ機会が増えるのではないでしょうか。