ラブソングは後半に持ってくるのがモテる秘訣


合コンなどの出会いの場を活用して恋人を探すのであれば、
必ず持っておきたいのがカラオケのネタ。

できるだけ色々なシチュエーションに合わせて、
自分の持ち歌を作っておくのがお勧めです。

ネタもなく黙っているというのはモテない男がとる行動。
これだけは絶対に避けたいものです。

しかし、カラオケでの振る舞いは、それなりのコツが必要です。

場の雰囲気を察知しながら、歌う曲を変えていくことができるようになれば、
女性の視線を釘付けにできること間違いなしです。

必ず持っておきたいのがツカミとして使えるアップテンポナンバー。
気分を盛り上げお酒が進むと、男女の距離も一気に縮まります。

場の雰囲気が和んだところでトークを楽しみながら、
リクエストを女性に聞いてみるのも味な真似。
気になる相手の希望に応えることができるようになれば、
2人の空間を楽しむこともできるはずです。

決め手を作りたいというのであれば、
グッとくる一曲を持っているのも重要。
特に後半に歌うラブソングは、思わず涙がほろりとする女性がいると、
どんどん感情が曲にシンクロします。

16

いつまでもアップテンポナンバーで押しまくる合コンでは、
なかなかラブソングを歌うタイミングは難しくなりますが、
トークを楽しむ雰囲気が流れているのであれば、
じっくり聞かせる曲を持っているのが魅力的。

歌詞を眺めつつ、女性がうっとりする時間が流れるようになれば、
あとは互いの恋愛観についてを語りつつ、
共通点を重ね合わせることによって、女性の心は手中に収められます。

モテる男の魅力としては、流れに適した行動を選びぬく力にあります。

相手の気持ちを汲み取って形にすることができるからこそ、
人としての魅力が大きくなります。

一緒に居たいと思える恋人は、自分にとってプラスになる存在。
同じ時間を過ごす時に、心が和み、居心地が良くなるというのが、
恋愛対象としては最適なのです。

そのためにも、珠玉のネタを携えて合コンに臨むことで、
確実に気になる女性をつかまえるべきなのです。