ワイルド系はモテるのか


草食系やサブカル系など、主張は強くない、
中性的なファッションに身を包んだ男性が依然
メディアを騒がせているようですが…。

ワイルド系男性の人気はどうなのでしょうか。

周りのリアルな声や情報収集して調べたところ、

今世間は“可愛い系”と“ワイルド系”の
2派が、大きく分けてあるそうですよ。

つまり、草食系が騒がれる半面、ちょい悪系も依然人気だということ。

そのちょっと悪そうな外観、逞しい胸板や腕、小麦色の肌、ぶっきらぼうな表情。

ワイルドマン

彼らの魅力とはなんでしょうか。

一番多い意見はやはり、
いざという時守ってくれそう!
というものでしょうか。

今の時代どんどん強くなる女性に反し、
フェミニンな男性人気が高まるのもわかります。

それでも女性は本能的に守られたい、頼りにしたい、
という、プリンス要素を持っているのでしょう。

ワイルド系の男性の側にいるだけで、
守られてる感、安心感がある、という女性が多いよう。

もしあなたが、見た目もちょっとぶっきらぼうだし、
体格も結構しっかりしていて草食系にはなれそうにない…
と、方向性に迷っていらしたなら、ぜひ!

ちょい悪系(ワイルド系)を目指してみてはいかがでしょう!

ただ、見かけ倒しにならないように、
(いざというとき守ってくれそう)という女性の期待を
裏切らないよう、最低限の体力はキープしたいもの。

ジムに通って底力をアップするもよし、
ボクシングやカポエイラなどで防衛術に磨きを掛けるもよし。

いざというとき、というのはいつも予測不可能。

何かが起きても怯まない、堂々と対処が
できるような、基礎体力と防御力作りを。

そして見た目にパンチを利かすなら、
なんかたくわえてみても渋いですね。

そして、女性がワイルド系に心奪われるのは、他にもこんなときです。

強面の彼が、笑ったとき。何か失敗してテレたときなど。
女性の持つ母性本能がこれでもか、と刺激されます。

何を隠そう、私が少し前まで大好きだった男性もこのタイプ。

ちょっと悪ぶった風貌で、それこそボクシングをしていて本気で強い。
なのに、笑うとエクボができて、くしゃっとなる、その愛嬌ある表情。

そして実際、夜道を歩いていて何か揉め事が起きていたりすると、
彼はさっと私や女性たちをかばって自分が外側へ出てくれます。

そんな彼には彼女がいたので、
結局お付き合いはできませんでしたが。

でもそんなワイルド系男の魅力を肌で感じることができました。

あなたもその“ワイルド”に磨きを掛けて、世の女性を幸せにしてあげてはどうですか。
草食系には物足りなさを感じていた女性たちが、きっと寄って来ることと思いますよ!