人のためにお金を使えることが大切


自分のためだけにお金を使っているような男性は、
女性からすると「ケチな人」と思われているかもしれません。
ここぞという時にお金を使うことができる男性ほどモテる傾向があるのです。

では、どのようなタイミングでお金を使うことが、男としての魅力を高めるのでしょうか?

今回は男女の出会いが発展する飲み会での立ち振る舞いについてを考えてみましょう。
ここでは1対1で食事に出かけるチャンスがあった場合の立ち振る舞いを解説します。

実は、飲み会でのお金を巡ったエピソードは、何気なくモテない素振りを見せていることもあるので、
自分の行動や言動には十分注意が必要なのです。

モテる男はさりげなさを武器にする

現在は男性が女性の分のお金を支払うという考えが一般的ではなく、
何でも折半するという風潮が強くなっている印象がありますが、
さりげなく相手を敬って行動することによって、
気を使わせることなくお金の問題を解決することができます。

1対1のデートであれば、相手がトイレに立った時に支払を済ませるのがスマート。
さりげなく、「そろそろ、次行きましょうか。」などと声掛けをして身支度をし、
そのまま会計を通り過ぎて店員さんに「ごちそうさま」が言えるのがベストです。

相手は「お金は?」と必ず口にするでしょう。
そんな時には「もう払っちゃった。美味しかったね。また来ようね」などと声掛けをして、
自分がお金を払った事実だけを伝え、さらりと会話を流しましょう。

相手が気を使ってお金を払うというのであれば、
もう1件付き合ってほしいという交渉も簡単になります。
「では、次のお店で少しだけもらおうかな」などと言いつつ、2次会に突入しましょう。

sk

もちろん、2次会でも全て支払うのも良いでしょうが、
あまり相手に謙遜させるのに気が引けるのであれば、
折半して支払うようにすると良いかもしれません。

浪費ではなく誰かのためにお金が使えるということは、
それだけでも包容力があるとみなされることがあります。
自分がデートに誘ったのであれば、1件くらいは全て支払うつもりでいるのが良いでしょう。