今後の交際を決定する「キス」のマナー


女性との交際における第一進展として、
「キス」は非常に重要な一歩でしょう。
初めてデートしてから、キスに至るまで、
その期間は、人によって様々であると言えますが、
お互いに好意があれば、女性としては、
3~4回目のデートで、男性側からリードしてほしいものです。

ですが、この「初キス」というもの、
今後の交際のアリかナシかを決めてしまうほど、
重要なものであることをご存知ですか?

初キスで幻滅してしまった友人の話をよく耳にします。
いくつか、例をご紹介しますね。

・タイミングが突然すぎる

・「今日はキスまでしたいんだけど。」と言ってしまう

・唇がガサガサ

・息がくさい

・舌を入れてきた

・長すぎて、濃厚

・キスが終わった後に感想をいう

・やたらと、キスをしてくれたことに感謝する

・勇気が無くて、オドオドしている

などが、挙げられます。

キスのタイミングは非常に大切です。
勘の良い男性であれば、
だいたい良いムードの時くらい分かるでしょう。
まず、女性の目をしっかりと見つめてテストしてみましょう。
女性も同じような気分でいるときは、恥ずかしがりながらも、
あなたの目を見つめてくれるはずです。
そっとキスをするフリをして、彼女の好意をテストするのもアリです。
彼女の方も目を閉じ近づいてきた時には、最高のタイミングですが、
彼女が目をそらし、引き返したら、今日のところは止め、
それ以上強引にするのはやめましょう。

woman-pushing-man-trying-to-kiss-her-away

口臭や、唇のケアに関しては、マナーですので、
ご自身で日頃からしっかりとした手入れを行いましょう!

尚、いくらキスが上手くいったからと言って、
途中で舌を入れてしまえば、台無しです。
男性として最低です。
下品で品格の無い男性に感じられますので、
初キスで、舌を入れてしまうのはNGです。
それが原因で幻滅している友人の数が、一番多いです。

キスは、ロマンティックなものにしたいのが女性の願望ですが、
舌を入れてしまえば、そんな素敵なキスも下心が見えた、
卑劣なものへと変わってしまいますよ。

「上手くいけばセックスまで持って行ける。」

そんな、低俗な考えはやめてください。

そして、キスした日にメールなどで、
感謝を述べる馬鹿な男性もいます。

「キス、よかったよ。ありがとう。」

「また、したいな。」

「すごく、甘い香りがしたよ。」

そんなメールをもらった瞬間に、
せっかく魔法にかかっていた恋心も覚め、

「この人気持ち悪い。」

「危ない。」

という感情に見舞われます。

決して、そんな事はしないでくださいね。

初キスで大切なのは、

「ムード作りと、いかにシンプルに女性のマインドに残せるか。」
なのです。

後ろ髪を引かれて「もう一度キスしたい。」
と、思わせるようでなくてはいけないのです。

女性に夢を見させてあげる、そんなキスが理想です。