会えない距離や時間も超えるメールを活用する


モテる男は遠距離であっても恋愛が成立します。
それは、会えない時間や距離を埋めることができるからです。

ずっと放置されていると女性は「好き」という気持ちが覚めてしまいます。
しかし、遠距離はタイミングをわきまえてコンタクトをとらなければ、
単に束縛されているとしか考えなくなってしまうのです。

自分自身の気持ちを態度で表わすのは、恋愛のみならず大切なポイント。
相手に対する姿勢をアピールするのであれば、
メールを上手に活用した駆け引きが、魅力を繋ぎとめることになるのです。

347

メールは短くても送ることが大切

何気ない会話であっても、自分を意識しているという気持ちを抱かせることによって、
相手は繋がりを感じることができるようになります。

いくら仕事が忙しいからといって、全く連絡を取らずにいるというのは不謹慎です。
心配性の女性であれば、「浮気をしているのではないか?」という疑念さえ抱きます。
恋愛や結婚は、安心させることによってマイナスの思考を消すことができます。
「もしかしたら・・・」とネガティブなイメージを抱かないようにするためにも、
何気ないメールはお互いの距離を縮めるためにプラスとなります。

もちろん、送るタイミングは考えなければなりません。
相手の生活スタイルに沿ったやり取りをしなければ、
プライベートを侵す存在として嫌われてしまいます。

何事もほどほどと言いますが、メールのやり取りはすぐにでも切り上げることができる時間が、
相手にも失礼なく小さなやり取りで終えることができるのです。

何でもないようなことから不安になってしまうのが遠距離恋愛。
単身赴任でも同じようなことが起こる可能性があるため、
パートナーのことを考えたうえでの決断があれば、メールの使い方には気をつけるべきです。

少しの配慮で相手に与える印象が大きく変わるため、
短くても送るということを徹底することによって、
自分の現在の状況を知らせることができます。
ほんの数回のやり取りであっても、相手にとってはかけがえのなるようにするのが、
モテる男の実力とも言えるのではないでしょうか。