会話場面においてあいづちの上手な男性はモテる


人とのコミュニケーションを図る上では、会話が長くなることも少なくありません。
しかし、その時のリアクションによって、相手に与える印象は変わります。

モテる男は聞き上手。
しかし、あいづちで相手に共感するのが上手と言った方が正確な表現なのです。

あいづち一つで多くの感情を表現することができます。
「えぇ!そうなの!?」と言うだけでも、相手はその先の話をしたくなるはずです。

あいづちは同調効果というものが発生する便利なことばです。
しかし、相手のペースに合わせて行わなければ効果を失います。

コツをつかむことができるようになれば、誰しも最高の聞き手になることができます。
共感する部分が多くなるのは、あいづちが上手な証拠です。
どんどん話し手を気持ちよくさせるあいづちが打てるようになれば、
「もっと話したい」という思いを抱かせることができるのです。

あいづちの上手なコツ

なかなか上手に会話を返すことができず、つい沈黙に至ってしまうという方は、
男女問わずに多く存在するはずです。

しかし、あいづちのコツをつかんでおくことによって、
自分は多く離すことなく、相手との一体感を得ることができるようになります。

あいづちのコツは何と言っても「オウム返し」です。
相手のことばじりをそのままもらって返すのです。
それだけでも関心があるという姿勢が見せられます。

たとえば、
「転職しようと思うんだ」→「へぇ」
と返すよりも、
「転職しようと思うんだ」→「転職することにしたの?」
と聞いた方が話の流れを作ることができます。

こうしたコツを知っているだけでも、どんどん話が盛り上がります。

このように「オウム返し」に疑問形をプラスするだけでも、
相手は応答するというスタンスに移行します。
会話がなかなか発展させられないという場合には上手に利用すべきです。

返答を短くしていくのも重要。
自分の感想は一言程度で十分なのです。
本質は相手の話を聞いてほしいという点にあるため、
同調効果を高めるためには話の腰を折らない程度が重要なポイントです。

a20

こうしたルールを理解しておくだけでも、
モテる男としての条件を整えることができるはずです。