初デートでモテない男性にならないための配慮


初デートはこれからの2人の仲を深めるために重要。
しかし、女性の心を射止めることができない行動を知るだけでも、
魅力的な男性として見られる要素を大きくします。

a0777_000010

モテる男になるための配慮がわかっていれば、
「また行きたい」と思ってもらえるようになります。

デート中の電話は厳禁

仕事の電話には出ないといけないかもしれませんが、
相手側にとってみれば「せっかくの時間なのに」と思われてしまいます。

短時間で済ませて後でかけなおすなど、
女性に対する配慮は重要となります。

メールへ返信したり、SNSに投稿するなども厳禁。
あくまで初デートは女性のことを最優先に考えるべきです。

デートプランはある程度固める

女性の意向を踏まえて柔軟に行き先を検討することができるバリエーションがあると、
女性の幻滅を防ぐことができます。

相手に「どこに行く?」と聞くばかりでは、頼りがいのない男性として見られてしまいます。
初デートは男性がリードできるようなコーディネートが重要なのです。
2回目以降はお互いの意向を汲んでプランニングを行うのが魅力的ですが、
初回はメインの場所をある程度決めておくなど、おもてなしの心を忘れずに。

時計はトイレで確認すべき

意外にも癖として時間を確認するということが多いのですが、
デート中に何度も時計を確認するのは誤解の元。

相手との時間が楽しくないのだろうか?と思われてしまうので、
さりげなく時間を確認するテクニックを知っておくべきです。

お店の時計を眺めて確認したり、次の予定に移りたい場合には、
一度トイレに立った時に確認するなど、相手に見えないような配慮が重要です。

初デートのまとめ

初デートは2回目に繋げるための伏線として考えるべき。
だからこそ、1度で勝負をかけるのではなく、じわじわと魅力に触れさせるのが、
モテる男になるための手段となるのです。

少しの配慮で相手が受ける印象は変わります。
がっかりさせないような配慮を知っておくだけでも、失敗のないデートができるはず。