別れ際のハグはためらわずに実行すべき


日本人は感情を表現するのが苦手とされています。
東京オリンピック招致の時には、その固定観念を覆すような、
豊かな表情でのアピールをしたことが、招致成功のカギにもなったとされるほど、
日本人は感情を表に出さずに耐え忍ぶ、忍びのような存在としてイメージされており、
世界に驚きを与えたエピソードとして知られています。

さて、今までの日本人のイメージは、なかなか想いを表に出すことなく、
恋愛も奥手とされているからこそ、それを打ち砕くイメージがモテる男となるのです。

power-of-a-hug

もしも、自分の欲望を満たすことができずに悶々としているのであれば、
ライトな行動から自分改革を行うことによって、
恋愛のスタートを切ってみてはいかがでしょうか。
その一つのきっかけを作るのが、男女の出会いで効果的な印象を与えるハグです。

ハグは最後にノリで行うべき

出会った時にハグができるような仲であれば、
そこから恋愛に持ち込むのは容易いはずです。
もしくは自分のイメージは、既にモテる男として認識されているはずです。

しかし、なかなか出会いのきっかけを結果に繋げることができない人にとっては、
ハグで相手との距離を縮めることには抵抗があるはずです。
だからこそ、別れ際に軽いノリで同性の仲間からハグをし、
その場にいる全員とハグを交わすことが、打開策にも繋がるのです。

海外では「フリーハグ」というものがあるほど、
人に何かを与えるために素晴らしい行動の一つに、ハグが考えられているのです。
こうしたコミュニケーションを図ることができれば、
男女の仲を深める最高の手立てに使うことも十分可能です。

ハグが決め手で付き合いに至ることは少ないものの、
距離感を一気に縮めることができる手立てとしては理想的です。

まずはハグの効果を自分自身が体験できるようになると、
出会いのきっかけに用いるという抵抗を下げつつ、
恋愛への発展を願うことができるはずです。
もちろん、ハグが恥ずかしいというのであれば、握手からでも十分です。